ACCEPT_KEYWORDS

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page ACCEPT KEYWORDS and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎português • ‎português do Brasil • ‎čeština • ‎русский • ‎中文 • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어

ACCEPT_KEYWORDS 変数では、パッケージマネージャーにebuildのどの KEYWORDS 値を受け入れさせるかを設定します。

どこで変数を設定するか?

この変数は、通常は profile によって自動設定されます。しかしユーザーは、/etc/portage/make.confや、パッケージごとに /etc/portage/package.accept_keywords ファイル(ディレクトリ)や、コマンドラインによってでさえも、変数を上書きすることが可能です。

重要
ACCEPT_KEYWORDS 変数をコマンドラインで上書きすることは、一般的には悪い方法です。なぜなら、この方法では変数が恒久的には保持されないので、その後、パッケージマネージャーが思わぬ動作をすることがあるからです。

stable と unstable のキーワード

多くのプロファイルでのACCEPT_KEYWORDSのデフォルト値は、amd64armのように、そのアーキテクチャのみになります。これらの場合、パッケージマネージャーはKEYWORDSにそのアーキテクチャが含まれているebuildのみをインストール対象として受け付けます。まだ本稼働に向いていないebuildを使いたいユーザーは、そのアーキテクチャ名の最初に~を以下のようにつけてください。

ACCEPT_KEYWORDS="~amd64"

ACCEPT_KEYWORDSはインクリメンタルな変数なので、testingのキーワード(~amd64)を追加する時は、stableのキーワード(amd64)を指定するべきではありません。

システム全体について設定する以外にも、package.accept_keywords のファイル(またはディレクトリ)で、パッケージごとに設定する方法もあります。

# games
games-fps/doomsday ~amd64

さらに package.accept_keywordsでは、ACCEPT_KEYWORDS 変数の通常の値の他に、3種の特別な値が利用可能です。[1]:

  • * — そのパッケージにつき、どれかのアーキテクチャで stable になっているものを有効
  • ~* — そのパッケージにつき、どれかのアーキテクチャでテスト中 (unstable) 以上になっているものを有効
  • ** — そのパッケージは全て有効 (KEYWORDS 値を一切無視)

最後の選択肢は、ライブパッケージのバージョンのために有用である(svn/git/mercurial/…ライブのebuildと呼ばれているものを介してサポートされているパッケージのバージョンは、KEYWORDS変数を持っていません)。

参考

参照

  1. Portageのマニュアル(2015-01-30 版以降)参照