Translations:Filesystem/5/ja

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
  • bcachefs - CoW (Copy-on-write)、圧縮および暗号化をサポートする、頑丈で高パフォーマンスな次世代ファイルシステム。
  • Cramfs - ランダム読み出しをサポートする、メモリーや容量に配慮した圧縮ファイルシステム。ブロックデバイスレイヤーや小さい組込みシステムにおける極めて厳しいメモリー制限を回避できます。
  • eCryptfs - Linux 用のエンタープライズ暗号ファイルシステム。
  • efivarfs - (U)EFI 変数ファイルシステム[1]
  • ext4 - 多くの Linux ディストリビューションでデフォルトの、GPL でライセンスされたジャーナリングファイルシステム。
  • FAT - ファイルアロケーションテーブル (FAT) ファイルシステム。当初は Microsoft Windows で使用するために作成された。
  • JFS - IBM によって開発され、GPL でライセンスされた、64ビットジャーナルファイルシステム (JFS)。[2]
  • Btrfs - 先進的な機能を持つ、Copy-on-write のB木ファイルシステム (Btrfs) (完全にオープンソースでライセンスされた、ZFS の代替)。
  • NTFS - Microsoft Windows の、New Technology File System (NTFS) (Windows のデフォルトファイルシステム)。
  • Aufs - 以前は Another union file system として知られていた、先進マルチレイヤー統合ファイルシステム (Advanced multi-layered unification file system、Aufs)。
  • OverlayFS - Linux カーネルに組み込まれている唯一の union ライクファイルシステム。
  • ReiserFS - ReiserFS ファイルシステムのバージョン3。
  • Reiser4 - ReiserFS ファイルシステムのバージョン4。現在のところ、Linux の主流カーネルでは実装されていません。
  • SquashFS - Linux 向けの圧縮済み読み取り専用ファイルシステム[3]
  • UDF - Universal Disk Format - ある種の .iso ファイルをマウントするために必要です
  • GFS2 - Global File System 2: 共有ディスクファイルシステム。通常、コンピュータークラスターで使用されます。
  • UFS - The Unix File System (UFS)。Berkeley Fast File System とも呼ばれます。
  • XFS - Silicon Graphics により作られ、GPL でライセンスされた、64ビットジャーナリングファイルシステム。[4]
  • ZFS - Sun Microsystems によって作られ、CDDL (GPL 非互換) でライセンスされた、copy-on-write ファイルシステム。[5]
  • F2FS - Samsung によって Linux カーネル用に作られた、Flash-Friendly File System (F2FS)。
  • https://www.kernel.org/doc/Documentation/filesystems/efivarfs.txt
  • https://en.wikipedia.org/wiki/JFS_file_system
  • https://en.wikipedia.org/wiki/SquashFS
  • https://en.wikipedia.org/wiki/XFS
  • https://en.wikipedia.org/wiki/ZFS