ext4/ja

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Ext4 and the translation is 97% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎русский • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語

Warning: Display title "ext4/ja" overrides earlier display title "Ext4".

Resources

ext4(4番目の extended file system)はオープンソースのディスクファイルシステムで、extended filesystem シリーズの最新バージョンです。これは多くの Linux システムで主要なファイルシステムとして使用されていることから、Linux でサポートされている中でほぼ間違いなく最も安定し、かつ十分にテストされたファイルシステムとなっています。

インストール

カーネル

ext4 をサポートするには、以下のカーネルオプションを有効にしてください:

KERNEL ext4 サポートを有効にする
File systems  --->
   <*> The Extended 4 (ext4) filesystem

ext4 のオプション機能をサポートするには:

KERNEL ext4 のオプション機能を有効にする
File systems  --->
   [*]   Ext4 POSIX Access Control Lists
   [*]   Ext4 Security Labels
   [ ]   EXT4 debugging support
ext4 のオプション機能サポートの定義
オプション 説明
Ext4 POSIX Access Control Lists ACL パーミッションを有効にします。
Ext4 Security Labels POSIX ケイパビリティーのサポートを有効にします。
EXT4 debugging support (非推奨) ext4のデバッグの際に使用します(上級ユーザー用)。

大容量ドライブのサポート

システムに大容量のディスク(2TB 以上)があり、かつ 32bit(x86)のカーネルが使われている場合、以下のオプションを有功にする必要があります:

KERNEL 大容量ドライブを x86 カーネルで有効化する
-*- Enable the block layer  --->
    [*]   Support for large (2TB+) block devices and files

USE フラグ

sys-fs/e2fsprogs パッケージがこのファイルシステムについて作業をするためのユーティリティーを含んでいます。Gentoo Linux では sys-fs/e2fsprogssystem セットの一部になっているので、既にシステムにインストールされているはずです。

USE flags for sys-fs/e2fsprogs Standard EXT2/EXT3/EXT4 filesystem utilities

cron Install e2scrub_all cron script
fuse Build fuse2fs, a FUSE file system client for ext2/ext3/ext4 file systems
nls Add Native Language Support (using gettextGNU locale utilities)
split-usr Enable behavior to support maintaining /bin, /lib*, /sbin and /usr/sbin separately from /usr/bin and /usr/lib*
static-libs Build static versions of dynamic libraries as well

emerge

USE フラグをセットしたら、システムを更新して変更を適用します:

root #emerge --ask --changed-use --deep @world

使い方

作成

Warning
mkfs.ext4 コマンドはフォーマットするよう指示されたパーティションの全ての内容を不可逆的に破壊します。正しいパーティションを選択しているか必ず確認してください!

ext4 ファイルシステムを /dev/sda1 パーティションに作成するには:

root #mkfs.ext4 /dev/sda1

/dev/sda1 は実際にフォーマットするパーティションに置き換えてください。

デフォルトでは、利用可能なディスク容量のうち5%は root ユーザーのために予約されます。これは / ディレクトリーがマウントされるパーティションにおいてはたいてい良いことですが、その他のパーティションでは望ましくないかもしれません。root ユーザーに予約されるディスク容量を無くすには mkfs.ext4-m 0 オプションを使用します:

root #mkfs.ext4 -m 0 /dev/sda1

参考

  • JFS — IBMによって作成された、64ビットのジャーナリングファイルシステム
  • Btrfs — a copy-on-write (CoW) filesystem for Linux aimed at implementing advanced features while focusing on fault tolerance, repair, and easy administration.
  • XFS — 高パフォーマンスなジャーナリングファイルシステム
  • F2FS — a filesystem designed for NAND flash-based devices.

外部の情報