exFAT/ja

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page ExFAT and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎polski • ‎русский • ‎日本語

Warning: Display title "exFAT/ja" overrides earlier display title "ExFAT".

Resources

exFAT (Extended File Allocation Table)は、マイクロソフトがつくった、USB スティックメモリのようなフラッシュメモリ記憶媒体に合わせたファイルシステムです。Gentoo Linux システムにおいては、FUSE モジュールを通して対応します。

インストール

カーネル

カーネルの、Filesystem in Userspace (FUSE) サポートを有効にします:

KERNEL CONFIG_FUSE_FS サポートを有効化
File systems  --->
   <*> FUSE (Filesystem in Userspace) support

Emerge

FUSE exfat パッケージのインストール:

root #emerge --ask sys-fs/fuse-exfat

ファイルシステムの作成や mount コマンドでの操作には、sys-fs/exfat-utils パッケージのインストールが必要です:

root #emerge --ask sys-fs/exfat-utils

使い方

フォーマット

exFAT ファイルシステムの作成には、mkfs.exfat (または、別名である mkexfatfs)コマンドを実行します:

root #mkfs.exfat
mkexfatfs 1.2.1
Usage: mkfs.exfat [-i volume-id] [-n label] [-p partition-first-sector] [-s sectors-per-cluster] [-V] <device>

例えば、リムーバブルデバイス /dev/sde1 に、ボリュームラベル「Flash」を付けてファイルシステムを作成するには:

root #mkfs.exfat -n Flash /dev/sde1

マウント

ファイルシステムをマウントするには mount.exfat-fuse コマンドを実行:

root #mount.exfat-fuse
FUSE exfat 1.0.1
Usage: mount.exfat-fuse [-d] [-o options] [-v] <device> <dir>

例えば、前記の例で作成したファイルシステムをマウントするには:

root #mount.exfat-fuse /dev/sde1 /mnt/flash

アンマウントはただ、umount コマンドで:

root #umount /mnt/flash

完全性チェック

exFAT ファイルシステムの完全性を調べるには、fsck.exfat を実行します:

root #fsck.exfat /dev/sde1

参考

  • FAT - マイクロソフトがつくった大本の、File Allocation Table ファイルシステム
  • NTFS - マイクロソフトがつくった New Technology Filesystem
  • ext4 - 第 4 世代 extended ファイルシステム