ハンドブック:AMD64/Portage/変数

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Handbook:AMD64/Portage/Variables and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎日本語 • ‎한국어 • ‎polski • ‎русский • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎
AMD64 ハンドブック
インストール
インストールについて
メディアの選択
ネットワーク設定
ディスクの準備
stage3のインストール
Gentooベースシステムのインストール
カーネルの設定
システムの設定
ツールのインストール
ブートローダの設定
締めくくり
Gentooの操作
Portageについて
USEフラグ
Portageの機能
Initスクリプトシステム
環境変数
Portageの操作
ファイルとディレクトリ
変数
ソフトウェアブランチの併用
追加ツール
カスタムPortageツリー
高度な機能
ネットワーク設定
はじめに
高度な設定
モジュール式ネットワーク
無線
機能の追加
動的な管理


Portage の設定

前に触れたように、Portage は多くの変数を通じて設定することができます。これらは /etc/portage/make.conf か、または /etc/portage/ のサブディレクトリのどれかで定義する必要があります。さらなる網羅的な情報については make.conf や portage の man page を参照してください:

user $man make.conf
user $man portage

ビルドに特有のオプション

configure とコンパイラーのオプション

Portage がアプリケーションをビルドする場合には、以下の変数の内容をコンパイラーや configure スクリプトに渡します:

CFLAGSCXXFLAGS
C や C++ のコンパイルに使いたいコンパイラーフラグを定義します。
CHOST
アプリケーションの configure スクリプト向けにビルドホストの情報を定義します。
MAKEOPTS
make コマンドに渡されます。通常は、コンパイルの際に使用される並列処理の数を定義するようにセットされます。make のオプションについての詳細は make の man page で見つけられます。

USE 変数も configure やコンパイルの間に使用されますが、これについては以前の章で詳しく説明しました。

マージのオプション

Portage はあるソフトウェアタイトルの新しいバージョンをマージし終わると、古いバージョンの使われなくなったファイルをシステムから削除します。Portage は古いバージョンを unmerge する前にユーザーに5秒間の猶予を与えます。この5秒は CLEAN_DELAY 変数によって定義されています。

EMERGE_DEFAULT_OPTS をセットすることで、emerge が実行される際にいつも特定のオプションを使用させることができます。便利なオプションは --ask--verbose--tree などです。

設定ファイルの保護

Portage によって保護される場所

Portage は、ファイルが保護された場所に格納されていない場合、ソフトウェアタイトルの新しいバージョンによって提供されたファイルを上書きします。これらの保護された場所は CONFIG_PROTECT 変数によって定義されており、一般的には設定ファイルの場所です。ディレクトリのリストはスペースで区切られています。

このような保護された場所に書き込まれるファイルはリネームされ、ユーザーは新しいバージョンの(おそらくは)設定ファイルの存在について警告されます。

現在の CONFIG_PROTECT の設定について調べるには、emerge --info の出力を使います:

user $emerge --info | grep 'CONFIG_PROTECT='

Portage の設定ファイル保護についてのさらなる情報は、emerge の manpage の CONFIGURATION FILES 節にあります。

user $man emerge

ディレクトリを除外する

保護された場所の一定のサブディレクトリを 'unprotect' したい場合、ユーザーは CONFIG_PROTECT_MASK 変数を利用できます。

ダウンロードオプション

サーバーの場所

要求された情報やデータがシステムにない場合、Portage はそれをインターネットから取得します。さまざまな情報やデータチャンネルのサーバーの場所は、以下の変数によって定義されています:

GENTOO_MIRRORS
ソースコード(distfiles)を含むサーバーの場所のリストを定義します。
PORTAGE_BINHOST
そのシステム向けのビルド済みパッケージを含む特定のサーバーの場所を定義します。

第三の設定は、ユーザーがローカル Gentoo リポジトリを更新するのに使う rsync サーバーの場所に関するものです。これは /etc/portage/repos.conf ファイル(または、ディレクトリとして定義されている場合にはそのディレクトリの中のファイル)に定義されています:

sync-type
サーバーの種類を定義しており、デフォルトは rsync です。
sync-uri
Portage が Gentoo リポジトリを取得するのに使う特定のサーバーを定義します。

GENTOO_MIRRORSsync-type、および sync-uri 変数は mirrorselect アプリケーションを通して自動的にセットできます。もちろん、使用する前にまず app-portage/mirrorselect がインストールされている必要があります。詳細については mirrorselect のオンラインヘルプを参照してください:

root #mirrorselect --help

プロキシサーバーの使用が必要な環境では http_proxyftp_proxy、および RSYNC_PROXY 変数を定義できます。

フェッチコマンド

Portage がソースコードを取得する必要がある場合、デフォルトでは wget を使用します。これは FETCHCOMMAND 変数を通して変更できます。

Portage は部分的にダウンロードされたソースコードの取得を再開することができます。デフォルトでは wget を使用しますが、これは RESUMECOMMAND 変数を通して置き換えることができます。

FETCHCOMMANDRESUMECOMMAND がソースコードを正しい場所に格納することを確認してください。これらの変数の中では、\${URI} および \${DISTDIR} 変数を使用してソースコードの場所と distfiles の場所をそれぞれ示すことができます。

また、FETCHCOMMAND_HTTPFETCHCOMMAND_FTPRESUMECOMMAND_HTTPRESUMECOMMAND_FTP などでプロトコルごとのハンドラーを定義することもできます。

rsync の設定

Portage が Gentoo リポジトリの更新に使用する rsync コマンドは置き換えることができませんが、rsync コマンドに関するいくつかの変数をセットすることは可能です:

PORTAGE_RSYNC_OPTS
同期の間に使用される多くのデフォルト変数をセットします。各変数はスペース区切りです。これらは、自分が何をしているのか正確に分かっているのでない限り変更すべきではありません。一定の絶対に必要なオプションについては、たとえ PORTAGE_RSYNC_OPTS が空であっても常に使用されることに注意してください。
PORTAGE_RSYNC_EXTRA_OPTS
同期の際の追加オプションをセットするのに使われます。各オプションはスペースで区切られている必要があります:
--timeout=<number> 
rsync が接続をタイムアウトしたとみなす前に rsync 接続が待機できる秒数を定義します。この変数のデフォルトは 180 ですが、ダイヤルアップ接続のユーザーや遅いコンピューターを使う個人はこれを 300 かそれ以上にセットしたくなるかもしれません。
--exclude-from=/etc/portage/rsync_excludes
rsync が更新プロセス中に無視すべきパッケージやカテゴリをリストしたファイルを指定します。この例では、/etc/portage/rsync_excludes を指定しています。
--quiet
画面への出力を減らします。
--verbose
完全なファイルリストを出力します。
--progress
各ファイルについて進捗メーターを表示します。
PORTAGE_RSYNC_RETRIES
rsync が SYNC 変数で指定されたミラーから手を引く前に接続を試みる回数を定義します。この変数のデフォルトは 3 です。

これらのオプションやその他の詳細については man rsync を読んでください。

Gentoo の設定

ブランチの選択

ACCEPT_KEYWORDS 変数を使ってデフォルトのブランチを変更することができます。デフォルトはアーキテクチャの stable ブランチです。Gentoo のブランチについては次の章に詳細な情報があります。

Portage の機能

FEATURES 変数を通じて、一定の portage の機能を有効化できます。Portage の機能については以前の章で説明しました。

Portage の挙動

リソースの管理

PORTAGE_NICENESS 変数により、ユーザーは portage 実行時に使用する nice 値を増加させたり減少させたりできます。PORTAGE_NICENESS の値は現在の nice 値に加算されます。

nice 値についての詳細は、nice の man page を見てください:

user $man nice

出力の動作

NOCOLOR 変数は Portage が色付きの出力の使用を無効化すべきかを定義しており、デフォルトは false です。