init システムの比較

From Gentoo Wiki
Jump to:navigation Jump to:search
This page is a translated version of the page Comparison of init systems and the translation is 91% complete.
Other languages:

この記事は init システムを対比させ比較します。以下で比較される init システムには、Gentoo で利用可能なものもあれば、そうでないもの (例えば launchd や SMF) もあります。

利用可能なソフトウェア

Feature Init system
sysvinit OpenRC upstart systemd SMF launchd Epoch finit runit s6 + s6-rc BSD rc.d
Supported in Gentoo partially (used by OpenRC) Yes (default init) No Yes No No Yes No Yes No No
Package / Bug# sys-apps/sysvinit sys-apps/openrc bug #498376
sys-apps/upstart in unity-gentoo overlay.
sys-apps/systemd - - sys-apps/epoch - sys-process/runit sys-apps/s6 + sys-apps/s6-rc -
Supported platforms Linux / BSD Linux + BSD Linux Linux Solaris MacOSX Linux Linux Linux / BSD / MacOSX Linux / BSD / MacOSX BSD
Main coding language C POSIX shell (+ C) C C C C C C C C POSIX shell (+ C)
Main dependencies - init (sysv or BSD) D-Bus D-Bus init(sysv?) - libc, /bin/sh ? - skalibs, execline rcorder
Init script/service format single config file shell scripts config files + shell fragments config files (ini) XML (+ shell scripts) plist multiple or single .conf multiple or single .conf shell scripts execline or shell scripts shell scripts
Per-service configuration No Yes (conf.d) With in-job mechanisms (normal exit, respawn) Yes Yes (service instances) ? Yes (v1.1+) ? No No No
Running as a daemon Yes (PID 1) Yes (PID 1) Yes (PID 1) Yes (PID 1) Yes (invoked) Yes (PID 1) Yes (PID 1) Yes (PID 1) Yes (PID 1) Yes (sys-apps/s6-linux-init) Yes (PID 1)
Cross-service dependencies/events No Yes Yes Yes Yes No Yes (basic support, v1.3+) ? Yes Yes Yes
Parallel service startup Yes Yes (optional) Yes Yes Yes Yes No Yes Yes Yes Yes
Keeping daemons alive Yes Yes (optional v0.21+ via supervise-daemon) Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
Preferred service file supplier n/a Gentoo Ubuntu upstream Solaris MacOSX n/a n/a Void Linux n/a NetBSD, FreeBSD, OpenBSD
License GPL v2+ 2-cl. BSD GPL v2 LGPL v2.1+ ? Apache License 2.0 Unlicense MIT BSD ISC BSD

(Gentoo で) 対応されているサービス

機能 OpenRC systemd
ファイルシステムのマウント グループ (root, local, network, swap...) 毎に 1 つのスクリプト。 依存関係とともに実行時に生成される、マウントポイント毎に 2 つのユニット (fsck + mount)。
getty (ターミナルプロンプト) /etc/inittab または agetty スクリプトによって開始されます。 テンプレートから必要に応じてインスタンス化される、コンソール毎に 1 つのユニット。
ネットワークの構成 複数の選択肢[1]。例えば dhcpcd[2][3], netifrc[4], iwd [5], または NetworkManager。[6][7] 外部 (NetworkManager, networkd, DHCP デーモン)。
X11 ディスプレイマネージャの構成 すべての DM に対する単一のサービス (自動 restart する必要があります)。 個別の DM ユニット。

参考

外部資料

参照