マウント

From Gentoo Wiki
Jump to:navigation Jump to:search
This page is a translated version of the page Mount and the translation is 100% complete.
Other languages:
Resources

マウントするということは、一般にコンピュータの現在アクセス可能なファイルシステムに追加のファイルシステムを加えるということを意味します。[1]

インストール

mountコマンドはsys-apps/util-linuxパッケージに含まれています。Gentoo Linuxではsys-apps/util-linuxパッケージはシステムの一部であり、デフォルトですべてのGentooシステムにインストールされています。もしなにか奇妙で普通ではない理由でパッケージが見当たらないのであれば、単純にemergeコマンドを実行すれば再インストールできます。

root #emerge --ask sys-apps/util-linux

使い方

マウントされているファイルシステムを表示するには、mountコマンドを引数やオプションなしで実行します:

root #mount
Tip
sys-apps/util-linux が提供する findmnt を使用して、マウントされているファイルシステムをより視覚的に表示する方法も存在します。さらなる詳細については man 8 findmnt を確認してください。

ファイルシステムのマウント。デバイスファイルUUIDまたはラベル、あるいは他の、パーティションやデータソースの場所を示す手段、そしてマウントポイントが必要です。システムに関係しないファイルシステムは通常/mntディレクトリにマウントされます。ファイルシステムをマウントするための適切な文法は次のとおりです:

root #mount <デバイス> <ディレクトリ>

詳細についてはman 8 mountを参照してください。

/mediaディレクトリは通常USBドライブやSDカードのようなリムーバブルデバイスをマウントするのに用いられます。USBドライブがどのデバイスとして表示されているのかを確認した後、以下のようなコマンドを用いて、/mediaの中にある、新しく作られたusbフォルダにUSBドライブの内容をマウントすることができます。

root #mkdir /media/usb
root #mount /dev/sdb1 /media/usb

ファイルシステムをアンマウントするときには、デバイスファイルかマウントポイントを指定することができます。

root #umount <デバイス>
root #umount <ディレクトリ>

時々、ファイルシステムをマウントする時に特別なオプションを必要とすることがあります。

root #mount [オプション] <デバイス> <ディレクトリ>
コマンドオプション
オプション 説明
-f マウントのシミュレーションを行います
-t ファイルシステムを指定します(例:ext4
-o オプション1,オプション2,... マウントオプションを指定します(下記参照)
-a /etc/fstab内のすべてのファイルシステムをマウントします

使用されるファイルシステムは、渡されるマウントオプションをサポートしていなければなりません。多くのオプションは共通ですが、いくつかはファイルシステム特有です。

Note
mount と、各ファイルシステムの両方の man ページ (例えば、man 5 ext4man 5 xfs) を確認することを常におすすめします。
マウントオプション
オプション 説明
defaults デフォルトオプションを使用します: rw, suid, dev, exec, auto, nouser, async.
auto ブート時に自動でファイルシステムをマウントします
noauto ブート時に自動でファイルシステムをマウントしません
ro ファイルシステムを読み取り専用でマウントします
rw ファイルシステムを読み書き可能な状態でマウントします
sw スワップパーティションをマウントします
atime 毎回の読み取り時にinodeのアクセス時間を更新します
relatime 入出力のパフォーマンスを向上させるために、書き込み時のみinodeのアクセス時間を更新します
noatime 入出力のパフォーマンスを最高にするために、inodeのアクセス時間の更新をしません
sync 毎回の書き込み後にドライブを同期します。例えば一部のフラッシュドライブでは寿命が短くなり得ます。
async ドライブを非同時に同期します
discard Linuxにおけるtrimサポートと同等のものです
exec バイナリの実行を許可します
noexec バイナリの実行を禁止します
suid SUIDビットやSGIDビットを有効にします
nosuid SUIDビットやSGIDビットを無効にします
user ユーザーにファイルシステムのマウントを許可します
users すべてのユーザーにファイルシステムのマウントを許可します
nouser "root"だけにファイルシステムのマウントを許可します

マウントオプションを変更する

すでにマウントされているファイルシステムのマウントオプションは、remount オプションを使用して変更することができます。例えば、/dev/foo 上のファイルシステムを、読み書き可能としてマウントするには、以下のようにして行えます:

root #mount -o remount,rw /dev/foo /dir

非スーパーユーザーとしてマウントする

man mountによると、スーパーユーザーだけがファイルシステムをマウント可能です。しかし、/etc/fstabの行中にuserオプションが含まれている場合、すべてのユーザーが対応するパーティション、デバイスあるいはドライブなどをマウントすることが可能になります。

リムーバブルメディアのマウント

Removable mediaのページ内の関連するセクションを参照してください。

Windowsとの共有ファイルシステムのマウント(cifs)

/etc/fstabへ登録しているにもかかわらず、非ルートユーザがWindowsとの共有ファイルシステムをマウントしようとすると失敗するでしょう(セキュリティの理由のため)。以下の例は、Windowsとの共有ファイルシステムのfstabの項目です。cifsオプションに注目してください:

FILE /etc/fstab
[...]
//server/folder /home/larry/winmount cifs noauto,user 0 0
[...]
user $mount /home/larry/winmount
This program is not installed setuid root -  "user" CIFS mounts not supported.

解決策として、パスワードなしでマウントするために、/etc/sudoersに対応するエントリを書いて、sudo mount /home/larry/winmountを使用します。

Warning
/etc/sudoersファイルを編集する前に必ず、この記事を読んでください!
FILE /etc/sudoers
[...]
larry    ALL = NOPASSWD: /bin/mount  /home/larry/winmount/, /bin/mount  /home/larry/winmount
larry    ALL = NOPASSWD: /bin/umount /home/larry/winmount/, /bin/umount /home/larry/winmount
[...]

参考

参照