カーネル

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Kernel and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎русский • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어

Linux カーネルは、オペレーティングシステムの中核であり、プログラムがハードウェアにアクセスする経路を提供しています。カーネルは、ほとんどのデバイスドライバも含んでいます。

Gentoo は Linux と FreeBSD の両方を基盤とする自由な OS ですが、この記事を実際的なものとするため、FreeBSD 独自のカーネルには触れず、Linux カーネルについて解説します。

インストール

USE フラグ

カーネルを作成するには、まずはカーネルのソースコードをインストールする必要があります。デスクトップシステム向けでお奨めのカーネルソースは sys-kernel/gentoo-sources です。Gentoo 開発者たちがパッチを当てて維持しており、セキュリティや機能上の問題の修正を行うとともに、特殊なシステムアーキテクチャとの互換性が高められています。

USE flags for sys-kernel/gentoo-sources Full sources including the Gentoo patchset for the 5.2 kernel tree

build !!internal use only!! DO NOT SET THIS FLAG YOURSELF!, used for creating build images and the first half of bootstrapping [make stage1]
experimental Apply experimental patches; for more information, see "https://wiki.gentoo.org/wiki/Project:Kernel/Experimental".

Emerge

さあ、sys-kernel/gentoo-sources をインストールしましょう:

root #emerge --ask sys-kernel/gentoo-sources

その他のカーネル

The Kernel sources overview article provides details on most, if not all, of the kernel sources packages available in Gentoo.

その他のカーネルの検索

すべてのカーネルソースとその簡単な説明を一覧するには emerge を実行してください:

root #emerge --search sources

コンフィグレーション

Configuration

Automatic configuration
カーネルと initramfs の作成を自動化するツールが genkernel です。カーネルの作成に臨むユーザーを全面的に手助けすることを目標として設計されています。
マニュアルコンフィグレーション
マニュアルコンフィグレーションをすれば、いくらかの努力も必要ではありますが、最適にカスタマイズしたカーネル設定の利用ができます。
Gentoo カーネルコンフィグレーションガイド
Gentoo のカーネルコンフィグレーションガイド
Kernel security
カーネルをセキュアにするための手順。
Kernel Seeds
上記の選択肢と同様に、既存の .config を基にして、最適なコンフィギュレーションを目指すユーザーを支援します。

Upgrade

アップグレード
既存のコンフィグレーションを流用してカーネルを更新する手順。
2.4 から 2.6 への移行
Linux 2.4 から Linux 2.6 へと移行するためのガイド。現行の Linux カーネルのコードは 2.6 時代から大きく変化しているため、この移行手順は意味を失っています。理解の一助としては役立てられるかもしれません。

Removal

削除
古いカーネルを完全に削除するための手順。

Troubleshooting

In-kernel configuration support

See the IKCONFIG support sub-article.

Kernel command-line parameters

When booting from a bootloader, the Linux kernel can accept command-line parameters to change its behavior. This can aid in troubleshooting the kernel at boot time, to blacklist a certain module that should not loading, etc.

Kernel.org has a nicely formatted list of available kernel command-line parameters to review.

Specifically, the following command-line parameters may be helpful when booting Gentoo:

  • earlyprintk=
  • module_blacklist=
  • nomodule
  • loglevel=
  • rootdelay=

参考

外部の情報

  • planet.kernel.org/ - Linux カーネル関連のブログ集。
  • kernelhub.org/ - カーネルの統計情報に特化したサイト。
  • kernelnewbies.org/ - 「研鑽を続ける新米カーネル開発者と、知識の披露を惜しまないベテラン開発者のためのサイト」