DHCPCDを使用したネットワーク管理

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Network management using DHCPCD and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎español • ‎polski • ‎русский • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어

この記事は Gentoo Forum の投稿 をもとに書いたもので、完全なネットワークスタック管理に dhcpcd を用いる方法を述べています。

セットアップ

dhcpcd をインストールしてください。つぎに、default ランレベルに追加し、サービスを始動させます:

root #rc-update add dhcpcd default
root #/etc/init.d/dhcpcd start

このセットアップ手法は、Gentoo ハンドブック記載のデフォルトのネットワーク設定と異なります。有線と無線でネットワークインタフェイスを自動的に切り替えられるのが利点です。

無線

For wireless, wpa_supplicant should be used. Create the configuration file if it does not exist.

FILE /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
# Allow users in the 'wheel' group to control wpa_supplicant
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=wheel

# Make this file writable for wpa_gui / wpa_cli
update_config=1


Emerge wpa_supplicant (Version >=2.6-r2 is needed in order to get the CONFIG_MATCH_IFACE option added in April 2017.)

root #emerge --ask net-wireless/wpa_supplicant

Complete its conf.d file with the -M option for the wireless network interface:

FILE /etc/conf.d/wpa_supplicant
wpa_supplicant_args="-B -M -c/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

In case authentication for the wired interface is needed this configuration file should look like

FILE /etc/conf.d/wpa_supplicant
wpa_supplicant_args="-ieth0 -Dwired -c/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant_wired.conf -B -M -c/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf"

With the configuration done, run it as a service:

root #rc-update add wpa_supplicant default
root #/etc/init.d/wpa_supplicant start


テスト

dhcpcdwpa_supplicant を停止させ、デバッグを有効にした状態で dhcpcd を実行します。dhcpcd が接続処理を進める過程がフォアグラウンドで表示されますので確認します。

root #/etc/init.d/dhcpcd stop
root #killall wpa_supplicant
root #dhcpcd -dB
dhcpcd[23772]: version 6.4.5 starting
dhcpcd[23772]: udev: starting
dhcpcd[23772]: dev: loaded udev
...
...

静的 IP アドレス

ネットワークインタフェイスカードによっては 静的 IP アドレスで設定することを要します。その場合は GUI で設定してください。もしくは、Dhcpcd#Static_IP_addresses にかかれているように、/etc/dhcpcd.conf に項目を自ら記載することでも設定可能です。

Gentoo net.* スクリプトからの移行

Gentoo の net.* スクリプトから移行するには、net.* スクリプトをランレベルから除去することが必要です。

user $rc-config list | grep 'wpa_supplicant\|dhcpcd\|net.'
  net.wlp8s0                default
  dhcpcd                    default

net. で始まるどのサービスも、ランレベルに入っていてはいけません。上記の例だと、net.wlp8s0 を除去せねばなりません。

root #rc-update del net.wlp8s0
root #/etc/init.d/net.wlp8s0 stop

ネットワーク設定がうまく動作したら、Gentoo の net.* スクリプト自体を完全に削除することも可能です。もし削除するのならば、OpenRC をnetifrc USE フラグを無効にして再インストールし、net-misc/netifrc をアンインストールしましょう:

root #echo 'sys-apps/openrc -netifrc' >> /etc/portage/package.use
root #emerge --ask --newuse --oneshot sys-apps/openrc
root #emerge --ask --depclean net-misc/netifrc

以前の設定ファイルやシンボリックリンクも削除可能です:

root #rm /etc/conf.d/net
root #rm /etc/init.d/net.*

ネットワークが必要なサービス

ネットワークが必要なサービスdhcpcd で操作することは、openrc-0.16.4 で廃止されました。

GUI

dhcpcd 用の GUIは、net-misc/dhcpcd-ui に入っています。

参考

外部の情報