ハンドブック:MIPS/インストール/ツール

From Gentoo Wiki
Jump to:navigation Jump to:search
This page is a translated version of the page Handbook:MIPS/Installation/Tools and the translation is 100% complete.
MIPS ハンドブック
インストール
インストールについて
メディアの選択
ネットワーク設定
ディスクの準備
stage3のインストール
Gentooベースシステムのインストール
カーネルの設定
システムの設定
ツールのインストール
ブートローダの設定
締めくくり
Gentooの操作
Portageについて
USEフラグ
Portageの機能
Initスクリプトシステム
環境変数
Portageの操作
ファイルとディレクトリ
変数
ソフトウェアブランチの併用
追加ツール
カスタムPortageツリー
高度な機能
ネットワーク設定
はじめに
高度な設定
モジュール式ネットワーク
無線
機能の追加
動的な管理


システムロガー

OpenRC

同じ機能が複数のパッケージによって提供されるツールがいくつかあります。そういったツールはstage3アーカイブには含まれていません。どのパッケージをインストールしたいのかをあなた次第で選んでください。

まずシステムにロギング機構を提供するツールを決定しましょう。UnixとLinuxでは歴史をかけて素晴らしいログ機能を発展させてきました -- お望みならログファイルにシステムで起こった全てを記録できます。

Gentooでは複数のシステムロガーから使いたいものを選択することができます。このうちのいくつかを紹介します。

  • app-admin/sysklogdは、システムのログを取得するための伝統的なデーモンを集めたものです。デフォルトのログ設定をそのまま使ってもうまく働くので、このパッケージは初心者にはいい選択肢です。
  • app-admin/syslog-ngは、進化したシステムロガーです。1つの大きなファイルにログを取る以上のことをするには、何らかの設定が必要です。更に上級のユーザは、ロギングの発展性に基いてこのパッケージを選択できます。スマートなロギングのためには追加の設定が必要になることに注意してください。
  • app-admin/metalogは、高度な設定ができるシステムロガーです。

Gentoo ebuild リポジトリにはまだまだ他のシステムロガーがあることでしょう。日毎に利用可能なパッケージは増えていますから。

ヒント
もし syslog-ng を使おうと思っているなら、後で logrotate をインストールして設定しましょう。syslog-ng にはログファイルをローテーションする機構がありません。一方で、より新しいバージョン (>= 2.0) の sysklogd は自身でログローテーションを行います。

選択したシステムログツールをインストールするには、それを emerge してください。OpenRC では、rc-update を使ってデフォルトのランレベルにスクリプトを追加してください。次の例では app-admin/sysklogd をインストールして、それをシステムの syslog ユーティリティとして有効化します:

root #emerge --ask app-admin/sysklogd
root #rc-update add sysklogd default

systemd

ここまで OpenRC ベースのシステムのためにロギング機構の選択肢を提示しましたが、一方 systemd には systemd-journald という組み込みのロガーが含まれています。systemd-journald サービスは、上のシステムロガーの節で概説したロギング機能のほとんどを取り扱うことができます。つまり、システムマネージャおよびサービスマネージャとして systemd を実行するシステムのほとんどでは、追加の syslog ユーティリティを追加する部分を問題無く省略することができます。

journalctl を利用したシステムログの検索、閲覧についての詳細は、man journalctl を参照してください。

中央ホストへログを転送する場合などさまざまな理由により、systemd ベースのシステム上で冗長なシステムロギング機構を含めたいことがあるかもしれません。これはハンドブックの典型的想定読者にとっては一般的な事態ではなく、高度なユースケースであるとみなします。そのため、ハンドブックでは取り扱いません。

任意自由選択: cronデーモン

OpenRC

cronデーモンは入れても入れなくてもよく、システムに必須ではありませんが、インストールしておくのが賢明でしょう。

cron デーモンは、予定された間隔を空けてコマンドを実行します。間隔は毎日、毎週、毎月、毎火曜日、隔週、などで設定できます。賢明なシステム管理者は、定型的なシステム管理タスクを、cron デーモンを活用して自動化するでしょう。

すべての cron デーモンは予定されたタスクのための高いレベルの粒度をサポートしており、また通常は、予定されたタスクが期待通り完了しなかった場合に、e メール等の形式で通知を送信する機能を含んています。

Gentoo ではいくつもの cron デーモンを提供しています:

  • sys-process/cronie - cronie はオリジナルの cron をベースとしていて、PAM と SELinux を使用できるなど、セキュリティと設定の改良がなされています。
  • sys-process/dcron - この軽量な cron デーモンは、利便性を損わない範囲で、簡潔で安全であることを目標としています。
  • sys-process/fcron - cron および anacron の機能を含めて拡張されたコマンドスケジューラ。
  • sys-process/bcron - 安全な操作を念頭に入れて設計された、比較的新しい cron システム。これを実現するために、システムは複数の独立したプログラムに分けられていて、それぞれが独立したタスクに責任を持ち、プログラム間の通信は厳密に制御されています。

cronie

次の例では sys-process/cronie を使用します:

root #emerge --ask sys-process/cronie

電源投入時に自動で cronie を開始するために、cronie を default システムランレベルに追加してください:

root #rc-update add cronie default

代替案: dcron

root #emerge --ask sys-process/dcron

cron エージェントとして dcron を使う場合、初期設定のための追加コマンドが必要です。

root #crontab /etc/crontab

代替案: fcron

root #emerge --ask sys-process/fcron

スケジュールされたタスクハンドラとして fcron を選択した場合、追加で emerge ステップが必要です:

root #emerge --config sys-process/fcron

代替案: bcron

bcron は組み込みの特権分離を持つ、新しい cron エージェントです。

root #emerge --ask sys-process/bcron

systemd

システムロギングと同様に、sysmted ベースのシステムには予定されたタスクのためのサポートが、タイマーという形ですぐ使える状態で含まれています。systemd タイマーはシステムレベルでもユーザレベルでも実行することができ、伝統的な cron デーモンが提供するものと同じ機能を含んでいます。冗長な可能性が必要でない限り、cron デーモンのような追加のタスクスケジューラをインストールすることは通常は不要で、問題無く省略することができます。

任意自由選択: ファイルのインデックスを作成

より高速なファイル検索のためにファイルシステム中の各ファイルのインデックスを作成するときは、sys-apps/mlocateをインストールしてください。

root #emerge --ask sys-apps/mlocate

任意自由選択: リモートシェルアクセス

インストール後、システムにリモートからアクセスできるようにするためには、ブート時に sshd を開始するように設定する必要があります。

OpenRC

OpenRC で sshd init スクリプトを default ランレベルに追加するには:

root #rc-update add sshd default

(たとえばリモートサーバで)シリアルコンソールからアクセスしなければならない場合、agetty を設定する必要があります。

/etc/inittab のシリアルコンソールの部分のコメントを外してください:

root #nano -w /etc/inittab
# SERIAL CONSOLES
s0:12345:respawn:/sbin/agetty 9600 ttyS0 vt100
s1:12345:respawn:/sbin/agetty 9600 ttyS1 vt100

systemd

SSH サーバを有効化するには、次を実行してください:

root #systemctl enable sshd

シリアルコンソールサポートを有効化するには、次を実行してください:

root #systemctl enable getty@tty1.service

時刻同期

システム時刻を同期する方法を利用することは重要です。これは通常 NTP プロトコルおよびソフトウェアによってなされます。Chrony など、NTP プロトコルを使用する他の実装もあります。

例えば、Chrony をセットアップするには:

root #emerge --ask net-misc/chrony

OpenRC

OpenRC では、次を実行してください:

root #rc-update add chronyd default

systemd

systemd では、次を実行してください:

root #systemctl enable chronyd.service

代わりに systemd ユーザは、デフォルトでインストールされている、よりシンプルな systemd-timesyncd NTP クライアントを利用したいかもしれません。

root #systemctl enable systemd-timesyncd.service

ファイルシステムツール

使っているファイルシステムよって、(ファイルシステムの整合性をチェックしたり、追加のファイルシステムを作成する等のために)必須のファイルシステムツールをインストールする必要があります。ext4ファイルシステムを管理するためのツール(sys-fs/e2fsprogs)は@system セットの一部としてインストール済みであることに注意してください。

次の表は、ファイルシステム毎にどのツールをインストールすべきかを示します。

ファイルシステム パッケージ
Ext4 sys-fs/e2fsprogs
XFS sys-fs/xfsprogs
ReiserFS sys-fs/reiserfsprogs
JFS sys-fs/jfsutils
VFAT (FAT32, ...) sys-fs/dosfstools
Btrfs sys-fs/btrfs-progs
ZFS sys-fs/zfs
ヒント
Gentooのファイルシステムについてのさらなる情報は、ファイルシステムの記事を参照してください。

ネットワークツール

もし、以前のシステムの設定のステップでネットワークが構成されていて、それでネットワーク設定が完了している場合は、この 'ネットワークツール' のセクションは飛ばして問題ありません。その場合はブートローダーの設定に進みましょう。

DHCPクライアントをインストールする

重要
DHCPはあくまで任意選択ですが、多くのユーザはネットワークに接続するためにDHCPクライアントが必要になるでしょう。この機会にDHCPクライアントをインストールしましょう。もしこの設定を忘れた場合、ネットワークに接続できないことになり、これによりDHCPクライアントがダウンロードできなくなってしまいます。

netifrcスクリプトを使用して、一つ以上のネットワークに自動的にIPアドレスを付与するときは、DHCPクライアントをインストールする必要があります。Gentooリポジトリには多くのDHCPクライアントがありますが、net-misc/dhcpcdがお薦めです。

root #emerge --ask net-misc/dhcpcd

dhcpcd articledhcpcdに関するより多くの情報があります。

任意自由選択: PPPoEクライアントのインストール

もしインターネットに接続するためにPPPを使うのであれば、net-dialup/pppパッケージをインストールします。

root #emerge --ask net-dialup/ppp

任意自由選択: ワイヤレス・ネットワークツールのインストール

もしシステムをワイヤレス・ネットワークに接続させるつもりならば、オープンネットワークあるいはWEPネットワークを使用するためにnet-wireless/iwパッケージを、あるいはWPAまたはWPA2ネットワークを使用するためにnet-wireless/wpa_supplicantパッケージをインストールしてください。iwはまた、ワイヤレス・ネットワークの検出のための便利で基本的な診断ツールでもあります。

root #emerge --ask net-wireless/iw net-wireless/wpa_supplicant

次はブートローダーです。