eselect/repository/ja

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Eselect/Repository and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎русский • ‎日本語

Warning: Display title "eselect/repository/ja" overrides earlier display title "Eselect/Repository".

eselect-repository は、 サードパーティーレポジトリ(オーバーレイとしても知られています)用の /etc/portage/repos.conf を操作するための eselect モジュールです。

このユーティリティーは、パッケージマネージャーがネイティブに同期できないバージョン管理システム(Portage では mercurial、bazaar、g-sorcery など)以外の代替レポジトリの、列挙、設定、同期の処理について app-portage/layman を置き換えるものです。

インストール

Emerge

root #emerge --ask app-eselect/eselect-repository

設定

初期セットアップ

以下のファイルで設定する REPOS_CONF ディレクトリは、モジュールが正しく動作するためにあらかじめ存在している必要があります。

これが間違いなく存在するようにするには、以下を実行します(例としてデフォルトを使用しています):

root #mkdir -p /etc/portage/repos.conf

ファイル

FILE /etc/eselect/repository.conf
# configuration for eselect-repo
# (sourced by bash, so keep the values bash-compatible)
 
# The following variables can be used below to reference paths
# configured at build time:
#   CACHEDIR -- system cache directory (e.g. /var/cache)
#   SYSCONFDIR -- system configuration directory (e.g. /etc)
#   SHAREDSTATEDIR -- system shared state directory (e.g. /var)
 
# Location of the repository configuration file or directory. If it is
# a directory, Portage rules for subfiles are used.
REPOS_CONF=${SYSCONFDIR}/portage/repos.conf
 
# File to use for newly added repositories when REPOS_CONF is
# a directory.
REPOS_CONF_SUBFILE=${REPOS_CONF}/eselect-repo.conf
 
# Top directory to keep newly added repositores in. New repositories
# will be added with subdirectories following repository names.
REPOS_BASE=${SHAREDSTATEDIR}/db/repos
 
# Location of the remote repository list. The default is to use
# the gentoo-mirror list that contains pregenerated metadata cache.
REMOTE_LIST_URI=https://qa-reports.gentoo.org/output/repos/repositories.xml
 
# Alternative: original Gentoo list.
#REMOTE_LIST_URI=https://api.gentoo.org/overlays/repositories.xml
 
# Directory to store repositories.xml cache. The file will always
# be called "repositories.xml" due to technical limitations of wget.
REMOTE_LIST_CACHEDIR=~/.cache/eselect-repo
 
# Interval (in seconds) to check the remote repository list for changes.
# The default is 2 hours.
REMOTE_LIST_REFRESH=$(( 2 * 3600 ))

使い方

Gentoo では、ユーザーや開発者が、自らのリポジトリを一般の利用のために登録できるようにしています。eselect repository はその既知のリストを取得して読み込みます。

登録されたリポジトリを一覧表示する

root #eselect repository list
Available repositories:
  [1]   foo
  [2]   bar
  [3]   baz
  [4]   cross #
  [5]   good *
  [6]   my_overlay @
  • インストールされ有効になっているリポジトリの前には * の文字が付きます。
  • # が前につくリポジトリは、(disable/enable を通じて)同期情報を更新する必要があるか、またはユーザーによってカスタマイズされています。
  • @ が前につくリポジトリは、公式の公開リストにおいて名前が列挙されていないものです。
  • -i オプション引数を加えると、インストール済みのリポジトリだけが表示されます

登録されているリポジトリを追加する

文法: enable (<name>|<index>)...

root #eselect repository enable foo bar baz

登録されていないリポジトリを追加する

文法: add <name> <sync-type> <sync-uri>

root #eselect repository add test git https://github.com/test/test.git

内容を消去せずにリポジトリを無効化する

文法: disable [-f] (<name>|<index>)...

root #eselect repository disable foo bar

登録されていないリポジトリや sync 属性のないリポジトリについては、-f オプションが必要です

リポジトリを無効化して内容を消去する

文法: remove [-f] (<name>|<index>)...

root #eselect repository remove bar baz

登録されていないリポジトリや sync 属性のないリポジトリについては、-f オプションが必要です

参考

  • Eselect — a tool for administration and configuration on Gentoo systems.