ハンドブック:PPC/ワーキング/Portage

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Handbook:PPC/Working/Portage and the translation is 100% complete.

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎русский • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어
PPC ハンドブック
インストール
インストールについて
メディアの選択
ネットワーク設定
ディスクの準備
stage3のインストール
Gentooベースシステムのインストール
カーネルの設定
システムの設定
ツールのインストール
ブートローダの設定
締めくくり
Gentooの操作
Portageについて
USEフラグ
Portageの機能
Initスクリプトシステム
環境変数
Portageの操作
ファイルとディレクトリ
変数
ソフトウェアブランチの併用
追加ツール
カスタムPortageツリー
高度な機能
ネットワーク設定
はじめに
高度な設定
モジュール式ネットワーク
無線
機能の追加
動的な管理


Portage へようこそ

portageはソフトウェア管理における、Gentooの最も特筆すべき技術革新のひとつです。その高い柔軟性と膨大な量の機能により、Linuxで利用可能な最高のソフトウェア管理ツールであると見なされることもしばしばです。

portageはすべてPythonBashで書かれています。どちらもスクリプト言語なので、ユーザはそのすべてを見ることができます。

ほとんどのユーザはemergeというツールを挟んでPortageを利用することになるでしょう。この章はemergeのmanページにある情報をすべて記述することを目的とはしていません。emergeのオプションの完全な概要については、manページを参照してください:

user $man emerge

Gentoo リポジトリ

Ebuild

Gentooのドキュメントがパッケージという言葉を使うとき、それはGentooリポジトリ上でGentooユーザが利用可能なソフトウェア名のことを指します。Gentooリポジトリとは、Portageがソフトウェアを整備(インストール、検索、クエリ、など)するために必要なすべての情報を含む、ebuildというファイルの集合体です。これらのebuildはデフォルトでは/usr/portageにあります。

ユーザがPortageを使ってソフトウェア名に関してなんらかの操作を行うとき、Portageはシステム上のebuildをベースとして使います。なので、Portageが新しいソフトウェアやセキュリティアップデートを知るために、定期的にシステム上のebuildを更新することが大切です。

Gentooリポジトリの更新

Gentooリポジトリは通常、高速な増分ファイル転送ユーティリティであるrsyncを使って更新されます。emergeコマンドはrsyncのフロントエンドを提供しているので、更新はとても簡単です:

root #emerge --sync

一部のファイアウォールは rsync がミラーに接続するのを制限してしまいます。この場合は毎日生成されるスナップショットを使ってGentooリポジトリを更新しましょう。emerge-webrsync ツールは最新のスナップショットを自動的に取得し、システムにインストールします。

root #emerge-webrsync

システム管理者にとっては、GentooリリースエンジニアリングGPG鍵によって署名されたスナップショットだけを取得したい時にも emerge-webrsync が役に立つことでしょう。これに関する詳細は "Portageの機能" 記事の検証済みのGentooリポジトリスナップショットで読むことができます。

ソフトウェアを保守する

ソフトウェアの検索

Gentooリポジトリでソフトウェアを探す方法は色々あります。そのひとつは emerge 自身を使う方法です。デフォルトでは emerge --search は与えた検索キーワードをタイトル (の一部または全体) に含むパッケージの名前を出力します。

例えば、名前に "pdf" を含むパッケージを探してみましょう:

user $emerge --search pdf

パッケージの説明文も検索対象にするには、--searchdest (か -S) オプションを使います:

user $emerge --searchdesc pdf

この出力には様々な情報が含まれています。各項目にはわかりやすいラベルがついているので、ここでその意味を説明する必要はないですね:

CODE 検索コマンドの出力例
*  net-print/cups-pdf
      Latest version available: 1.5.2
      Latest version installed: [ Not Installed ]
      Size of downloaded files: 15 kB
      Homepage:    http://cip.physik.uni-wuerzburg.de/~vrbehr/cups-pdf/
      Description: Provides a virtual printer for CUPS to produce PDF files.
      License:     GPL-2

ソフトウェアのインストール

ソフトウェアの名前がわかったら、インストールは emerge コマンドを実行するだけです。例えば gnumeric をインストールするにはこうします:

root #emerge --ask app-office/gnumeric

多くのアプリケーションは互いに依存しあっているので、あるソフトウェアパッケージのインストールにはいくつかの依存パッケージのインストールを伴う場合があります。でも大丈夫、Portageがちゃんと依存関係を見ています。Portageがインストールしようとしているものを確認するには、--pretendオプションを付けます。例えば:

root #emerge --pretend gnumeric

パッケージのインストールの過程で、Portageは(必要なら)ソースコードをインターネット上からダウンロードし、デフォルトでは /usr/portage/distfiles/ に保存します。インストールせずにダウンロードだけさせたい時は、--fetchonly オプションを emerge コマンドにつけます。

root #emerge --fetchonly gnumeric

インストールしたパッケージのドキュメントを探す

多くのパッケージにはドキュメントが付属しています。そしてドキュメントをインストールするかどうかを選択する doc USEフラグが用意されていることがあります。パッケージで doc USEフラグが使われるかどうかは、emerge -vp category/package で調べることができます:

root #emerge -vp media-libs/alsa-lib
These are the packages that would be merged, in order:
 
Calculating dependencies... done!
[ebuild   R    ] media-libs/alsa-lib-1.1.3::gentoo  USE="python -alisp -debug -doc" ABI_X86="(64) -32 (-x32)" PYTHON_TARGETS="python2_7" 0 KiB

ドキュメントはそれをインストールしたいパッケージにのみインストールしたいでしょうから、doc USEフラグは /etc/portage/package.use でパッケージごとに指定することをお勧めします。詳しくは USE フラグの節 をご覧ください。

パッケージをインストールすると、ドキュメントはたいてい /usr/share/doc/ 内のパッケージ名のディレクトリで見つけることができます:

user $ls -l /usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3
total 16
-rw-r--r-- 1 root root 3098 Mar  9 15:36 asoundrc.txt.bz2
-rw-r--r-- 1 root root  672 Mar  9 15:36 ChangeLog.bz2
-rw-r--r-- 1 root root 1083 Mar  9 15:36 NOTES.bz2
-rw-r--r-- 1 root root  220 Mar  9 15:36 TODO.bz2

ドキュメントファイルを一覧表示するもっと確実な方法は、equery--filter オプションを使うことです。equery は Portage のデータベースを検索するために使われるもので、app-portage/gentoolkit パッケージの一部としてインストールされます:

user $equery files --filter=doc alsa-lib
 * Searching for alsa-lib in media-libs ...
 * Contents of media-libs/alsa-lib-1.1.3:
/usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3/ChangeLog.bz2
/usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3/NOTES.bz2
/usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3/TODO.bz2
/usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3/asoundrc.txt.bz2

--filter オプションを他のルールとともに使えば、他の種類のファイルのインストール場所を見るためにも使えます。他の機能については equery の man ページで確認できます: man 1 equery

ソフトウェアの削除

ソフトウェアをシステムから削除するには、emerge --unmerge を使います。これはそのパッケージによってインストールされたすべてのファイルを削除するようPortageに指示しますが、ひとつ例外があります。アプリケーションの設定ファイルのうち、ユーザーが変更したものは削除されません。これは後で同じパッケージをインストールしなおした時に再設定する手間を省くためです。

警告
Portageは削除するパッケージが他のパッケージに必要とされているかどうかを確認しません。もっとも、そのパッケージの削除によってシステムが壊れる可能性がある場合は、そのことを警告します。
root #emerge --unmerge gnumeric

パッケージがシステムから削除されても、そのパッケージが必要としたために自動的にインストールしたパッケージはまだ残っています。このような削除可能なパッケージを洗い出すには、emergeの --depclean 機能を使いますが、これは後ほど説明します。

システムの更新

システムをきれいに保つため (そしてもちろん最新のセキュリティアップデートを適用するため) には、日常的にシステムを更新する必要があります。PortageはGentooリポジトリに入っているebuildしか確認しませんから、最初にすることはリポジトリの更新です。Gentooリポジトリが更新できたら、emerge --update @world でシステムを更新することができます。次の例では、Portageが更新したいパッケージを表示してユーザーの確認を待つよう、--ask オプションも指定しています。

root #emerge --update --ask @world

Portageはインストール済みのアプリケーションに新しいバージョンがあるかどうかを調べます。しかし、これは明示的にインストールされたアプリケーション (/var/lib/portage/world に記載されているもの) のみが対象であって、それらの依存パッケージはチェックされません。それら依存パッケージも更新するには、--deep オプションを指定します:

root #emerge --update --deep @world

これでも全てのパッケージが対象というわけではありません。中にはパッケージのコンパイルやビルドに必要なだけで、パッケージのインストール後には不要になる依存パッケージがあります。Portageはこれを "ビルド時依存" と呼びます。これも更新に含めるには --with-bdeps=y を付けます:

root #emerge --update --deep --with-bdeps=y @world

セキュリティアップデートは明示的にインストールしていない (他のプログラムが依存している) パッケージにも配信されることがあるので、時々はこのコマンドを実行するとよいでしょう。

システムのUSE設定を変更したときは、--newuse も指定することをお勧めします。こうすると、その変更に新しいパッケージのインストールや既存パッケージの再コンパイルが必要でないかどうか、Portageが調べてくれます。

root #emerge --update --deep --with-bdeps=y --newuse @world

メタパッケージ

Gentooリポジトリの中には、それ自体は中身を持たず、パッケージの集合をインストールするためだけに用意されたパッケージが存在します。例えば kde-plasma/plasma-meta パッケージは、Plasma関連の様々なパッケージを依存に持つことで、KDE Plasmaデスクトップをインストールします。

このようなパッケージをシステムから削除しようと emerge --unmerge を実行しても、その依存パッケージはシステムに残っているため、あまり効果がありません。

Portage has the functionality to remove orphaned dependencies as well, but since the availability of software is dynamically dependent it is important to first update the entire system fully, including the new changes applied when changing USE flags. After this one can run emerge --depclean to remove the orphaned dependencies. When this is done, it might be necessary to rebuild the applications that were dynamically linked to the now-removed software titles but don't require them anymore, although recently support for this has been added to Portage.

以上のことのすべては3コマンドで行われます:

root #emerge --update --deep --newuse @world
root #emerge --depclean
root #revdep-rebuild

revdep-rebuildapp-portage/gentoolkit パッケージによって提供されているので、忘れずに emerge しておいてください:

root #emerge --ask app-portage/gentoolkit

ライセンス

Portage バージョン 2.1.7 以降、ライセンスを基準にソフトウェアのインストールを許可または拒否することができます。ツリー内のすべてのパッケージは LICENSE エントリを含みます。emerge --search package/category を実行するとパッケージのライセンスが表示されます。

Important
The LICENSE variable in an ebuild is only a guideline for Gentoo developers and users. It is not a legal statement, and there is no guarantee that it will reflect reality. So don't rely on it, but check the package itself in depth, including all files that you use.

Portage はデフォルトでは、読んだ上で契約に同意する必要のあるソフトウェア利用許諾契約 (EULA) を除き、すべてのライセンスを許可します。

許可するライセンスを制限する変数は ACCEPT_LICENSE と呼ばれ、/etc/portage/make.conf ファイル内で設定できます。次の例はデフォルト値を示しています:

FILE /etc/portage/make.confデフォルトのACCEPT_LICENSE設定
ACCEPT_LICENSE="* -@EULA"

この設定の下では、インストール中に EULA に同意するための操作を求めるパッケージをインストールすることはできません。EULA の無いパッケージはインストールすることができます。

ACCEPT_LICENSE/etc/portage/make.conf 内でグローバルに設定することもできますし、/etc/portage/package.license ファイル内でパッケージ毎に定義することもできます。

たとえば、google-chrome ライセンスを www-client/google-chrome パッケージのために許可するには、/etc/portage/package.license に次の内容を追加してください:

FILE /etc/portage/package.licensegoogle-chromeライセンスをgoogle-chromeパッケージのみについて受諾する
www-client/google-chrome google-chrome

これにより www-client/google-chrome パッケージのインストールは許可しますが、同じライセンスを持っていたとしても www-plugins/chrome-binary-plugins パッケージのインストールは禁止されます。

Important
ライセンスは /usr/portage/licenses/ ディレクトリに保管され、ライセンスグループは /usr/portage/profiles/license_groups ファイルに記録されます。各行の大文字で書かれた最初のエントリはライセンスグループの名前で、それに続くすべてのエントリは個々のライセンスです。

ACCEPT_LICENSE 変数内で定義されるライセンスグループは @ 記号で始まります。よく求められる設定は自由なソフトウェアとドキュメントのインストールのみを許可するものです。これを実現するには、次のように、現在許可されているすべてのライセンスを取り除き(-*を使います)、その後 FREE グループ内のライセンスのみを許可してください:

FILE /etc/portage/make.conf自由ソフトウェアと自由ドキュメントのみを受諾する
ACCEPT_LICENSE="-* @FREE"

Note that this setting will also accept non-free software and documentation.

Portageが文句を言ってきたときは

用語について

前述の通り、Portage は非常に強力で、他のソフトウェア管理ツールにはない多くの機能をサポートしています。これを理解するために、Portage のいくつかの観点について、深追いしすぎない程度に説明していきます。

Portage を使うと、ひとつのパッケージの異なる複数のバージョンをシステム上に共存させることができます。他のディストリビューションはパッケージ名をバージョンにちなんで命名する(例えば freetype と freetype2 のように)ことが多いですが、Portage はスロットSLOT)という技術を使用します。各 ebuild はそのバージョンに応じてひとつのスロットを宣言します。異なるスロットを持つ ebuild は同一システム上に共存できます。例えば、freetype パッケージの ebuild には SLOT="1" のものと SLOT="2" のものが存在します。

同じ機能を提供するものの、実装の異なる複数のパッケージというものもあります。例えば、metalogd、sysklogd、syslog-ng はすべてシステムロガーです。"システムロガー"の利用を前提とするアプリケーションは、例えば、metalogd に依存するわけにはいきません。他のシステムロガーも同じくらい良い選択肢でありうるからです。そこで Portage は仮想(virtual)パッケージというものを許容しています。各システムロガーは、virtual カテゴリの logger 仮想パッケージの"排他的な"依存パッケージとしてリストされていて、アプリケーションはvirtual/logger パッケージに依存すればいいようになっています。このパッケージをインストールすると、すでにロギングパッケージがインストールされていない限り(この場合は仮想パッケージの依存が解決していることになります)、言及されている最初のロギングパッケージがインストールされます。

Gentoo リポジトリのソフトウェアは異なるブランチに所属できます。デフォルトでは、システムは Gentoo が安定している(stable)と考えるパッケージだけが許容されます。ほとんどの新しいソフトウェアタイトルは、コミットされた時点ではテスト中(testing)ブランチに追加されます。stable としてマークする前にまだテストが必要だということです。こうしたソフトウェアの ebuild は Gentoo リポジトリ内に存在していますが、stable ブランチに置かれるまで Portage はこれらをアップデートしません。

一部のアーキテクチャでのみ利用可能なソフトウェアもあります。他のアーキテクチャでは動作しない、テストが不十分、そのソフトウェアを Gentoo リポジトリにコミットした開発者が異なるアーキテクチャ上で動作するか確認できない、などの理由がありえます。

Each Gentoo installation also adheres to a certain profile which contains, amongst other information, the list of packages that are required for a system to function normally.

ブロックされたパッケージ

CODE ブロックされたパッケージについての Portage の警告(--pretend あり)
[blocks B     ] mail-mta/ssmtp (is blocking mail-mta/postfix-2.2.2-r1)
CODE ブロックされたパッケージについての Portage の警告(--pretend なし)
!!! Error: the mail-mta/postfix package conflicts with another package.
!!!        both can't be installed on the same system together.
!!!        Please use 'emerge --pretend' to determine blockers.

ebuild には、それが依存するパッケージについて Portage に伝えるためのフィールドが含まれています。DEPEND 変数で宣言されるビルド時依存と、RDEPEND 変数で宣言される実行時依存です。これらの依存パッケージのうち一つが明示的にパッケージや virtual を共存できないとマークしているとき、ブロックが発生します。

最近のバージョンの Portage はささいなブロックであればユーザの手助けなしで対処できますが、ブロックを手動で解決することが必要になる場合もあります。

ユーザはブロックを解決するために、そのパッケージをインストールしないか、コンフリクトしているパッケージを先に unmerge するかを選ぶことができます。上の例でいえば、postfix のインストールをやめるか、先に ssmtp を取り除くか選べます。

特定のアトムを対象にしたブロックもあります。例えば <media-video/mplayer-1.0_rc1-r1 のようなものです。この場合は、ブロックしているパッケージをより新しいバージョンにアップデートすることで、ブロックを取り除くことができるかもしれません。

まだインストールされておらず、今からインストールしようとしている 2 つのパッケージがお互いにブロックしあっている、ということもありえます。このレアケースでは、なぜその両方をインストールする必要があるのか調査してください。ほとんどの場合は片方だけで十分です。もしそうでなければ、Gentoo のバグトラッキングシステムにバグを報告してください。

マスクされたパッケージ

CODE マスクされたパッケージについての Portage の警告
!!! all ebuilds that could satisfy "bootsplash" have been masked.
CODE マスクされたパッケージについての Portage の警告 - 理由
!!! possible candidates are:
  
- gnome-base/gnome-2.8.0_pre1 (masked by: ~x86 keyword)
- lm-sensors/lm-sensors-2.8.7 (masked by: -sparc keyword)
- sys-libs/glibc-2.3.4.20040808 (masked by: -* keyword)
- dev-util/cvsd-1.0.2 (masked by: missing keyword)
- games-fps/unreal-tournament-451 (masked by: package.mask)
- sys-libs/glibc-2.3.2-r11 (masked by: profile)
- net-im/skype-2.1.0.81 (masked by: skype-eula license(s))

現在のシステムで利用可能でないパッケージをインストールしようとしたときに、このマスキングエラーが発生します。ユーザはシステムで利用可能な別のアプリケーションのインストールを試みるか、パッケージが利用可能としてマークされるまで待つべきです。パッケージがマスクされているのには必ず理由が存在します:

マスク理由 説明
~arch keyword アプリケーションは stable ブランチに入れるために十分なテストがなされていません。数日から数週間待ってからもう一度試してください。
-arch keyword or -* keyword アプリケーションはあなたのアーキテクチャ上で動作しません。パッケージは動作すると確信しているなら、私たちの Bugzilla のウェブサイトでバグを提出してください。
missing keyword アプリケーションはまだあなたのアーキテクチャ上でテストされていません。アーキテクチャ移植チームにパッケージのテストを依頼するか、彼らのためにテストして Bugzilla のウェブサイトで知見を報告してください。
package.mask パッケージが破損している、不安定、あるいはもっと悪い状態であると判明したため、意図的に「使用禁止」としてマークされています。
profile パッケージは現在のプロファイルに適していないことが判明しています。アプリケーションをインストールするとシステムが壊れるか、単に現在使用中のプロファイルと互換性がありません。
license パッケージのライセンスが ACCEPT_LICENSE の値に適合していません。/etc/portage/make.conf または /etc/portage/package.license で設定して、ライセンスまたは正しいライセンスグループを許可してください。

USEフラグの変更が必要

CODE USE フラグ変更要求についての Portage の警告
The following USE changes are necessary to proceed:
#required by app-text/happypackage-2.0, required by happypackage (argument)
>=app-text/feelings-1.0.0 test

--autounmask がセットされていないと、次のようなエラーメッセージも表示されるかもしれません:

CODE USE フラグ変更要求についての Portage のエラー
emerge: there are no ebuilds built with USE flags to satisfy "app-text/feelings[test]".
!!! One of the following packages is required to complete your request:
- app-text/feelings-1.0.0 (Change USE: +test)
(dependency required by "app-text/happypackage-2.0" [ebuild])
(dependency required by "happypackage" [argument])

このような警告やエラーは、インストールしようとしているパッケージが他のパッケージに単に依存しているだけでなく、そのパッケージが特定の USE フラグ(またはその集合)とともにビルドされていることも要求するときに発生します。上の例では、パッケージ app-text/feelings が USE="test" とともにビルドされていることを要求していますが、この USE フラグがシステム上でセットされていない状態です。

これを解決するには、要求された USE フラグを /etc/portage/make.conf 内でグローバル USE フラグに追加するか、/etc/portage/package.use 内で特定のパッケージに対してセットしてください。

依存パッケージが見つからない

CODE 依存パッケージの不在についての Portage の警告
emerge: there are no ebuilds to satisfy ">=sys-devel/gcc-3.4.2-r4".
  
!!! Problem with ebuild sys-devel/gcc-3.4.2-r2
!!! Possibly a DEPEND/*DEPEND problem.

インストールしようとしているアプリケーションは、システムで利用可能でない他のパッケージに依存しています。この問題が既知のものかどうか Bugzilla を確認し、もしそうでなければ報告してくれると助かります。システムが複数のブランチを混ぜる設定になっていなければ、この事態は発生すべきではなく、バグです。

あいまいなebuild名

CODE あいまいな ebuild 名についての Portage の警告
[ Results for search key : listen ]
[ Applications found : 2 ]
  
*  dev-tinyos/listen [ Masked ]
      Latest version available: 1.1.15
      Latest version installed: [ Not Installed ]
      Size of files: 10,032 kB
      Homepage:      http://www.tinyos.net/
      Description:   Raw listen for TinyOS
      License:       BSD
  
*  media-sound/listen [ Masked ]
      Latest version available: 0.6.3
      Latest version installed: [ Not Installed ]
      Size of files: 859 kB
      Homepage:      http://www.listen-project.org
      Description:   A Music player and management for GNOME
      License:       GPL-2
  
!!! The short ebuild name "listen" is ambiguous. Please specify
!!! one of the above fully-qualified ebuild names instead.

インストールすることが選択されたアプリケーションの名前が複数のパッケージに対応しています。これを解決するには、カテゴリ名も付け加えてください。Portage は何から選べばいいか、マッチしたものを教えてくれるでしょう。

循環依存

CODE 循環依存についての Portage の警告
!!! Error: circular dependencies: 
  
ebuild / net-print/cups-1.1.15-r2 depends on ebuild / app-text/ghostscript-7.05.3-r1
ebuild / app-text/ghostscript-7.05.3-r1 depends on ebuild / net-print/cups-1.1.15-r2

インストールする 2 個(またはそれ以上)のパッケージがお互いに依存しているため、インストールできません。これはほとんどの場合 Gentoo リポジトリ内のパッケージのどれかにバグがある状態です。時間をおいて再 sync してからもう一度試してください。Bugzilla をチェックしてこの問題が既知のものであるか確認し、そうでなければ報告することも有益でしょう。

フェッチ失敗

CODE フェッチ失敗についての Portage の警告
!!! Fetch failed for sys-libs/ncurses-5.4-r5, continuing...
(...)
!!! Some fetch errors were encountered.  Please see above for details.

Portage が与えられたアプリケーションのソースをダウンロードできなかったため、他のアプリケーションのインストール(するものがあれば)を続行しようとしています。この失敗は、正しく同期されていないミラーのために、あるいは ebuild が正しくないダウンロード先を指しているために起こることがあります。ソースを置いているサーバが何らかの理由でダウンしていることも考えられます。

1 時間ほど時間をおいて再試行し、問題が継続しているか確認してください。

システムプロファイルによる保護

CODE プロファイルによって保護されているパッケージについての Portage の警告
!!! Trying to unmerge package(s) in system profile. 'sys-apps/portage'
!!! This could be damaging to your system.

ユーザがシステムのコアパッケージの一部をなすパッケージを削除しようとしました。パッケージはプロファイルによって必須として記載されているため、システムから削除するべきではありません。

ダイジェスト検証失敗

CODE ダイジェスト検証失敗
>>> checking ebuild checksums
!!! Digest verification failed:

これは Gentoo リポジトリに何かおかしなことが起きていることを示しています - 多くの場合は Gentoo ebuild リポジトリに ebuild をコミットするときのミスによるものです。

ダイジェスト検証に失敗しても、自分でパッケージのダイジェストを再計算しようとしないでください。ebuild foo manifest を実行しても問題の解決にはならないどころか、より状況を悪化させるでしょう。

かわりに、リポジトリが大人しくなるまで 1、2 時間ほど待ってください。このエラーはすぐに気づかれるでしょうが、修正が rsync ミラーたちに浸透していくには少々時間がかかることがあります。Bugzilla をチェックしてすでに誰かが問題を報告しているか確認するか、#gentoo (IRC) で聞いてください。まだであれば、遠慮なく壊れた ebuild のためにバグを提出してください。

バグが修正されたら、Gentoo ebuild リポジトリを再同期して修正されたダイジェストを引っ張ってきてください。

Important
Gentoo ebuild リポジトリを一日一回以上同期しないように気をつけてください。公式の Gentoo ネチケットポリシーに書かれている通り(また emerge --sync を実行したときにも表示される通り)、あまりにも頻繁に同期するユーザは当面の間、それ以上の同期を禁止されます。このポリシーにも繰り返し違反する悪用者は完全にアクセスを禁止されることがあります。再同期が Gentoo の rsync ミラーに過剰な負荷を与えないようにするために、どうしても必要な場合を除いて 24 時間周期で同期されるのを待つのが最善です。