EFIシステムパーティション

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page EFI System Partition and the translation is 0% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
Resources

EFIシステムパーティション(EFI system partition, ESP)FAT形式のパーティションで、インストールされているすべてのオペレーティングシステムのブートローダやカーネルイメージを含んでいます。

カーネル

Advanced partition selection(CONFIG_PARTITION_ADVANCED)と、EFI GUID Partition support(CONFIG_EFI_PARTITION)が有効になっていなければなりません:

KERNEL GPTサポートほ有効にする
-*- Enable the block layer --->
   Partition Types --->
      [*] Advanced partition selection
      [*] EFI GUID Partition support

ISO8859-1コードページも、EFIパーティションをマウントするために有効になっていなければなりません:

KERNEL Enable ISO8859-1 codepage
-*- File Systems --->
   Native Language support --->
      [*] NLS ISO 8859-1  (Latin 1; Western European Languages)

特徴

partedsys-block/parted)はEFIパーティションをboot, espフラグとともに表示します:

root #parted /dev/sda print
Model: ATA SAMSUNG SSD SM84 (scsi)
Disk /dev/sda: 256GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: gpt
Disk Flags: 

Number  Start   End     Size    File system  Name                          Flags
 1      1049kB  99.6MB  98.6MB  fat32        EFI System Partition          boot, esp

作成方法については、ハンドブックを参照してください。

gdisksys-apps/gptfdisk)はEFIパーティションをEF00コードとともに表示します:

root #gdisk -l /dev/sda
GPT fdisk (gdisk) version 1.0.1

Partition table scan:
  MBR: protective
  BSD: not present
  APM: not present
  GPT: present

Found valid GPT with protective MBR; using GPT.
Disk /dev/sda: 500118192 sectors, 238.5 GiB
Logical sector size: 512 bytes
Disk identifier (GUID): 1B59C2C8-8795-4625-9718-4D636B005AC1
Partition table holds up to 128 entries
First usable sector is 34, last usable sector is 500118158
Partitions will be aligned on 2048-sector boundaries
Total free space is 2669 sectors (1.3 MiB)

Number  Start (sector)    End (sector)  Size       Code  Name
   1            2048          194559   94.0 MiB    EF00  EFI System Partition
Note
ESPを/dev/sda1に用意することは、Boot/EFIシステムパーティション/dev/sda2に用意しているGentooハンドブックとはやり方が異なります。

サイズの考慮

100MBがあれば、いくつかのカーネルや、ブートマネージャーそしてWindows10とのデュアルブートをするのに十分なはずです。

マウントポイント

/etc/fstabへの登録は起動のためには不要ですが、手動でESPをマウントする場合は便利かもしれません。

FILE /etc/fstabESPのマウントポイントの設定
/dev/sda1              /boot             vfat              noauto,noatime             0    2

標準レイアウト

ESPの標準的なレイアウトです。ベンダやディストーションは、それらが使用するファイルなどをベンダ固有ディレクトリに保存していると見なされます。

user $tree -L 3 /boot
 /boot
 └── EFI
     ├── Boot
     │   └── bootx64.efi
     ├── Gentoo
     │   └── vmlinuz-4.9.76-r1.efi
     └── Microsoft
         ├── Boot
         └── Recovery

ここでは、Microsoftサブツリー(そしてBootサブツリー[1])は、以前のWindows10のCreators Updateで作成されました。Bootサブツリーはフォールバックディレクトリです。もしUEFIがどのベンダ固有ディレクトリも見つけることができなかった場合、このフォールバックディレクトリから起動されます。適切にベンダ固有サブツリーが設定されたマルチブート環境では、Bootサブツリーは削除することができます。

UEFIブートアイテム

UEFI搭載のコンピュータは通常起動メニューと、起動アイテムを作成、並び替えそして削除するための設定ツールを備えています。ESPの内容はこれらのツールから見えます。起動アイテムを作成することは、与えられた選択肢からメディアを選び、そしてESPを見てアイテム(例えばvmlinuz-4.9.76-r1-gentoo.efi)を選択するようなことです。

代わりに、UEFI起動アイテムを作成するために、efibootmgrを使用することもできます。

参考

外部資料

参照