カーネル/再ビルド

From Gentoo Wiki
< Kernel
Jump to:navigation Jump to:search
This page is a translated version of the page Kernel/Rebuild and the translation is 94% complete.
Other languages:
English • ‎italiano • ‎日本語

一般的な方法

カーネルの設定を終了し、以下のコマンドを使用してカーネルを再ビルドしてください:

root #make && make modules_install

新しくコンパイルされたカーネルイメージを/bootにコピーするのを忘れないでください。必要ならば/bootをマウントしてください。

root #mount /boot
root #make install

必要ならばブートローダを更新する

When not changing kernel versions, it may not be necessary to update the system's boot loader. This depends on the system configuration; if the boot loader is pointed to a replaced binary file with the exact same name, secondary boot loader entries may not need updated. When in doubt re-run the boot loader configuration generator or inspect the boot loader's configuration file to avoid issues the next time the system reboots.

GRUB2を使う

システムを再起動する前に,ブートローダの設定を更新してください。例えばGRUB2を使用している場合、以下のコマンドを実行してブートローダの設定を更新することができます:

root #grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg

EFIスタブのカーネルを使う

EFIスタブを使用している方は、インストールのセクションにある手順に従ってください。

systemd-boot を使う

systemd の EFI ブートローダを使用しているなら、systemd-boot の記事を再確認してください。

再起動

新しいカーネルの設定を適用するため、再起動します:

root #reboot