Gentoo Linux sparc ハンドブック:Gentoo での作業

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Handbook:SPARC/Full/Working and the translation is 100% complete.

Contents

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎русский • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어
SPARC ハンドブック
インストール
インストールについて
メディアの選択
ネットワーク設定
ディスクの準備
stage3のインストール
Gentooベースシステムのインストール
カーネルの設定
システムの設定
ツールのインストール
ブートローダの設定
締めくくり
Gentooの操作
Portageについて
USEフラグ
Portageの機能
Initスクリプトシステム
環境変数
Portageの操作
ファイルとディレクトリ
変数
ソフトウェアブランチの併用
追加ツール
カスタムPortageツリー
高度な機能
ネットワーク設定
はじめに
高度な設定
モジュール式ネットワーク
無線
機能の追加
動的な管理


Portage へようこそ

portageはソフトウェア管理における、Gentooの最も特筆すべき技術革新のひとつです。その高い柔軟性と膨大な量の機能により、Linuxで利用可能な最高のソフトウェア管理ツールであると見なされることもしばしばです。

portageはすべてPythonBashで書かれています。どちらもスクリプト言語なので、ユーザはそのすべてを見ることができます。

ほとんどのユーザはemergeというツールを挟んでPortageを利用することになるでしょう。この章はemergeのmanページにある情報をすべて記述することを目的とはしていません。emergeのオプションの完全な概要については、manページを参照してください:

user $man emerge

Gentoo リポジトリ

Ebuild

Gentooのドキュメントがパッケージという言葉を使うとき、それはGentooリポジトリ上でGentooユーザが利用可能なソフトウェア名のことを指します。Gentooリポジトリとは、Portageがソフトウェアを整備(インストール、検索、クエリ、など)するために必要なすべての情報を含む、ebuildというファイルの集合体です。これらのebuildはデフォルトでは/var/db/repos/gentooにあります。

ユーザがPortageを使ってソフトウェア名に関してなんらかの操作を行うとき、Portageはシステム上のebuildをベースとして使います。なので、Portageが新しいソフトウェアやセキュリティアップデートを知るために、定期的にシステム上のebuildを更新することが大切です。

Gentooリポジトリの更新

Gentooリポジトリは通常、高速な増分ファイル転送ユーティリティであるrsyncを使って更新されます。emergeコマンドはrsyncのフロントエンドを提供しているので、更新はとても簡単です:

root #emerge --sync

一部のファイアウォールは rsync がミラーに接続するのを制限してしまいます。この場合は毎日生成されるスナップショットを使ってGentooリポジトリを更新しましょう。emerge-webrsync ツールは最新のスナップショットを自動的に取得し、システムにインストールします。

root #emerge-webrsync

システム管理者にとっては、GentooリリースエンジニアリングGPG鍵によって署名されたスナップショットだけを取得したい時にも emerge-webrsync が役に立つことでしょう。これに関する詳細は "Portageの機能" 記事の検証済みのGentooリポジトリスナップショットで読むことができます。

ソフトウェアを保守する

ソフトウェアの検索

Gentooリポジトリでソフトウェアを探す方法は色々あります。そのひとつは emerge 自身を使う方法です。デフォルトでは emerge --search は与えた検索キーワードをタイトル (の一部または全体) に含むパッケージの名前を出力します。

例えば、名前に "pdf" を含むパッケージを探してみましょう:

user $emerge --search pdf

パッケージの説明文も検索対象にするには、--searchdest (か -S) オプションを使います:

user $emerge --searchdesc pdf

この出力には様々な情報が含まれています。各項目にはわかりやすいラベルがついているので、ここでその意味を説明する必要はないですね:

CODE 検索コマンドの出力例
*  net-print/cups-pdf
      Latest version available: 1.5.2
      Latest version installed: [ Not Installed ]
      Size of downloaded files: 15 kB
      Homepage:    http://cip.physik.uni-wuerzburg.de/~vrbehr/cups-pdf/
      Description: Provides a virtual printer for CUPS to produce PDF files.
      License:     GPL-2

ソフトウェアのインストール

ソフトウェアの名前がわかったら、インストールは emerge コマンドを実行するだけです。例えば gnumeric をインストールするにはこうします:

root #emerge --ask app-office/gnumeric

多くのアプリケーションは互いに依存しあっているので、あるソフトウェアパッケージのインストールにはいくつかの依存パッケージのインストールを伴う場合があります。でも大丈夫、Portageがちゃんと依存関係を見ています。Portageがインストールしようとしているものを確認するには、--pretendオプションを付けます。例えば:

root #emerge --pretend gnumeric

パッケージのインストールの過程で、Portageは(必要なら)ソースコードをインターネット上からダウンロードし、デフォルトでは /var/cache/distfiles/ に保存します。インストールせずにダウンロードだけさせたい時は、--fetchonly オプションを emerge コマンドにつけます。

root #emerge --fetchonly gnumeric

インストールしたパッケージのドキュメントを探す

多くのパッケージにはドキュメントが付属しています。そしてドキュメントをインストールするかどうかを選択する doc USEフラグが用意されていることがあります。パッケージで doc USEフラグが使われるかどうかは、emerge -vp category/package で調べることができます:

root #emerge -vp media-libs/alsa-lib
These are the packages that would be merged, in order:
 
Calculating dependencies... done!
[ebuild   R    ] media-libs/alsa-lib-1.1.3::gentoo  USE="python -alisp -debug -doc" ABI_X86="(64) -32 (-x32)" PYTHON_TARGETS="python2_7" 0 KiB

ドキュメントはそれをインストールしたいパッケージにのみインストールしたいでしょうから、doc USEフラグは /etc/portage/package.use でパッケージごとに指定することをお勧めします。詳しくは USE フラグの節 をご覧ください。

パッケージをインストールすると、ドキュメントはたいてい /usr/share/doc/ 内のパッケージ名のディレクトリで見つけることができます:

user $ls -l /usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3
total 16
-rw-r--r-- 1 root root 3098 Mar  9 15:36 asoundrc.txt.bz2
-rw-r--r-- 1 root root  672 Mar  9 15:36 ChangeLog.bz2
-rw-r--r-- 1 root root 1083 Mar  9 15:36 NOTES.bz2
-rw-r--r-- 1 root root  220 Mar  9 15:36 TODO.bz2

ドキュメントファイルを一覧表示するもっと確実な方法は、equery--filter オプションを使うことです。equery は Portage のデータベースを検索するために使われるもので、app-portage/gentoolkit パッケージの一部としてインストールされます:

user $equery files --filter=doc alsa-lib
 * Searching for alsa-lib in media-libs ...
 * Contents of media-libs/alsa-lib-1.1.3:
/usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3/ChangeLog.bz2
/usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3/NOTES.bz2
/usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3/TODO.bz2
/usr/share/doc/alsa-lib-1.1.3/asoundrc.txt.bz2

--filter オプションを他のルールとともに使えば、他の種類のファイルのインストール場所を見るためにも使えます。他の機能については equery の man ページで確認できます: man 1 equery

ソフトウェアの削除

ソフトウェアをシステムから削除するには、emerge --unmerge を使います。これはそのパッケージによってインストールされたすべてのファイルを削除するようPortageに指示しますが、ひとつ例外があります。アプリケーションの設定ファイルのうち、ユーザーが変更したものは削除されません。これは後で同じパッケージをインストールしなおした時に再設定する手間を省くためです。

警告
Portageは削除するパッケージが他のパッケージに必要とされているかどうかを確認しません。もっとも、そのパッケージの削除によってシステムが壊れる可能性がある場合は、そのことを警告します。
root #emerge --unmerge gnumeric

パッケージがシステムから削除されても、そのパッケージが必要としたために自動的にインストールしたパッケージはまだ残っています。このような削除可能なパッケージを洗い出すには、emergeの --depclean 機能を使いますが、これは後ほど説明します。

システムの更新

システムをきれいに保つため (そしてもちろん最新のセキュリティアップデートを適用するため) には、日常的にシステムを更新する必要があります。PortageはGentooリポジトリに入っているebuildしか確認しませんから、最初にすることはリポジトリの更新です。Gentooリポジトリが更新できたら、emerge --update @world でシステムを更新することができます。次の例では、Portageが更新したいパッケージを表示してユーザーの確認を待つよう、--ask オプションも指定しています。

root #emerge --update --ask @world

Portageはインストール済みのアプリケーションに新しいバージョンがあるかどうかを調べます。しかし、これは明示的にインストールされたアプリケーション (/var/lib/portage/world に記載されているもの) のみが対象であって、それらの依存パッケージはチェックされません。それら依存パッケージも更新するには、--deep オプションを指定します:

root #emerge --update --deep @world

これでも全てのパッケージが対象というわけではありません。中にはパッケージのコンパイルやビルドに必要なだけで、パッケージのインストール後には不要になる依存パッケージがあります。Portageはこれを "ビルド時依存" と呼びます。これも更新に含めるには --with-bdeps=y を付けます:

root #emerge --update --deep --with-bdeps=y @world

セキュリティアップデートは明示的にインストールしていない (他のプログラムが依存している) パッケージにも配信されることがあるので、時々はこのコマンドを実行するとよいでしょう。

システムのUSE設定を変更したときは、--newuse も指定することをお勧めします。こうすると、その変更に新しいパッケージのインストールや既存パッケージの再コンパイルが必要でないかどうか、Portageが調べてくれます。

root #emerge --update --deep --with-bdeps=y --newuse @world

メタパッケージ

Gentooリポジトリの中には、それ自体は中身を持たず、パッケージの集合をインストールするためだけに用意されたパッケージが存在します。例えば kde-plasma/plasma-meta パッケージは、Plasma関連の様々なパッケージを依存に持つことで、KDE Plasmaデスクトップをインストールします。

このようなパッケージをシステムから削除しようと emerge --unmerge を実行しても、その依存パッケージはシステムに残っているため、あまり効果がありません。

Portage has the functionality to remove orphaned dependencies as well, but since the availability of software is dynamically dependent it is important to first update the entire system fully, including the new changes applied when changing USE flags. After this one can run emerge --depclean to remove the orphaned dependencies. When this is done, it might be necessary to rebuild the applications that were dynamically linked to the now-removed software titles but don't require them anymore, although recently support for this has been added to Portage.

以上のことのすべては3コマンドで行われます:

root #emerge --update --deep --newuse @world
root #emerge --depclean
root #revdep-rebuild

revdep-rebuildapp-portage/gentoolkit パッケージによって提供されているので、忘れずに emerge しておいてください:

root #emerge --ask app-portage/gentoolkit

ライセンス

Portage バージョン 2.1.7 以降、ライセンスを基準にソフトウェアのインストールを許可または拒否することができます。ツリー内のすべてのパッケージは LICENSE エントリを含みます。emerge --search package/category を実行するとパッケージのライセンスが表示されます。

Important
ebuildのLICENSE変数はGentooの開発者やユーザにとってのガイドラインでしかありません。これは法的声明ではなく、これが現実を反映する保証はありません。したがってLICENSE変数を信用するのではなく、パッケージそのものを、あなたが使用するすべてのファイルを含めて徹底的にチェックしてください。

Portage はデフォルトでは、フリーソフトウェア財団Open Source Initiativeによって明示的に承認されたライセンス、あるいは自由ソフトウェアの定義に従っているライセンスを許可します。

許可するライセンスを制限する変数は ACCEPT_LICENSE と呼ばれ、/etc/portage/make.conf ファイル内で設定できます。次の例はデフォルト値を示しています:

FILE /etc/portage/make.confデフォルトのACCEPT_LICENSE設定
ACCEPT_LICENSE="-* @FREE"

この設定の下では、自由ソフトウェアライセンスあるいは自由な文書ライセンスが設定されているパッケージがインストール可能となります。フリーではないソフトウェアはインストールできなくなります。

ACCEPT_LICENSE/etc/portage/make.conf 内でグローバルに設定することもできますし、/etc/portage/package.license ファイル内でパッケージ毎に定義することもできます。

たとえば、google-chrome ライセンスを www-client/google-chrome パッケージのために許可するには、/etc/portage/package.license に次の内容を追加してください:

FILE /etc/portage/package.licensegoogle-chromeライセンスをgoogle-chromeパッケージのみについて受諾する
www-client/google-chrome google-chrome

これにより www-client/google-chrome パッケージのインストールは許可しますが、同じライセンスを持っていたとしても www-plugins/chrome-binary-plugins パッケージのインストールは禁止されます。

Important
ライセンスは /var/db/repos/gentoo/licenses/ ディレクトリに保管され、ライセンスグループは /var/db/repos/gentoo/profiles/license_groups ファイルに記録されます。各行の大文字で書かれた最初のエントリはライセンスグループの名前で、それに続くすべてのエントリは個々のライセンスです。

ACCEPT_LICENSE 変数内で定義されるライセンスグループは @ 記号で始まります。ありうる(かつてPortageのデフォルトだった)設定は、使用許諾契約書を読み同意する必要があるEnd User License Agreements(使用許諾契約、EULA)を除いてすべてのライセンスを受諾する設定です。これを実現するには、次のように、現在許可されているすべてのライセンスを受諾し(*を使います)、その後 EULA グループ内のライセンスのみを受諾取り消ししてください:

FILE /etc/portage/make.confEULAを除くすべてのライセンスを受諾する
ACCEPT_LICENSE="* -@EULA"

この設定は、フリーではないソフトウェアや文書も受諾する事に注意してください。

Portageが文句を言ってきたときは

用語について

前述の通り、Portage は非常に強力で、他のソフトウェア管理ツールにはない多くの機能をサポートしています。これを理解するために、Portage のいくつかの観点について、深追いしすぎない程度に説明していきます。

Portage を使うと、ひとつのパッケージの異なる複数のバージョンをシステム上に共存させることができます。他のディストリビューションはパッケージ名をバージョンにちなんで命名する(例えば freetype と freetype2 のように)ことが多いですが、Portage はスロットSLOT)という技術を使用します。各 ebuild はそのバージョンに応じてひとつのスロットを宣言します。異なるスロットを持つ ebuild は同一システム上に共存できます。例えば、freetype パッケージの ebuild には SLOT="1" のものと SLOT="2" のものが存在します。

同じ機能を提供するものの、実装の異なる複数のパッケージというものもあります。例えば、metalogd、sysklogd、syslog-ng はすべてシステムロガーです。"システムロガー"の利用を前提とするアプリケーションは、例えば、metalogd に依存するわけにはいきません。他のシステムロガーも同じくらい良い選択肢でありうるからです。そこで Portage は仮想(virtual)パッケージというものを許容しています。各システムロガーは、virtual カテゴリの logger 仮想パッケージの"排他的な"依存パッケージとしてリストされていて、アプリケーションはvirtual/logger パッケージに依存すればいいようになっています。このパッケージをインストールすると、すでにロギングパッケージがインストールされていない限り(この場合は仮想パッケージの依存が解決していることになります)、言及されている最初のロギングパッケージがインストールされます。

Gentoo リポジトリのソフトウェアは異なるブランチに所属できます。デフォルトでは、システムは Gentoo が安定している(stable)と考えるパッケージだけが許容されます。ほとんどの新しいソフトウェアタイトルは、コミットされた時点ではテスト中(testing)ブランチに追加されます。stable としてマークする前にまだテストが必要だということです。こうしたソフトウェアの ebuild は Gentoo リポジトリ内に存在していますが、stable ブランチに置かれるまで Portage はこれらをアップデートしません。

一部のアーキテクチャでのみ利用可能なソフトウェアもあります。他のアーキテクチャでは動作しない、テストが不十分、そのソフトウェアを Gentoo リポジトリにコミットした開発者が異なるアーキテクチャ上で動作するか確認できない、などの理由がありえます。

Each Gentoo installation also adheres to a certain profile which contains, amongst other information, the list of packages that are required for a system to function normally.

ブロックされたパッケージ

CODE ブロックされたパッケージについての Portage の警告(--pretend あり)
[blocks B     ] mail-mta/ssmtp (is blocking mail-mta/postfix-2.2.2-r1)
CODE ブロックされたパッケージについての Portage の警告(--pretend なし)
!!! Error: the mail-mta/postfix package conflicts with another package.
!!!        both can't be installed on the same system together.
!!!        Please use 'emerge --pretend' to determine blockers.

ebuild には、それが依存するパッケージについて Portage に伝えるためのフィールドが含まれています。DEPEND 変数で宣言されるビルド時依存と、RDEPEND 変数で宣言される実行時依存です。これらの依存パッケージのうち一つが明示的にパッケージや virtual を共存できないとマークしているとき、ブロックが発生します。

最近のバージョンの Portage はささいなブロックであればユーザの手助けなしで対処できますが、ブロックを手動で解決することが必要になる場合もあります。

ユーザはブロックを解決するために、そのパッケージをインストールしないか、コンフリクトしているパッケージを先に unmerge するかを選ぶことができます。上の例でいえば、postfix のインストールをやめるか、先に ssmtp を取り除くか選べます。

特定のアトムを対象にしたブロックもあります。例えば <media-video/mplayer-1.0_rc1-r1 のようなものです。この場合は、ブロックしているパッケージをより新しいバージョンにアップデートすることで、ブロックを取り除くことができるかもしれません。

まだインストールされておらず、今からインストールしようとしている 2 つのパッケージがお互いにブロックしあっている、ということもありえます。このレアケースでは、なぜその両方をインストールする必要があるのか調査してください。ほとんどの場合は片方だけで十分です。もしそうでなければ、Gentoo のバグトラッキングシステムにバグを報告してください。

マスクされたパッケージ

CODE マスクされたパッケージについての Portage の警告
!!! all ebuilds that could satisfy "bootsplash" have been masked.
CODE マスクされたパッケージについての Portage の警告 - 理由
!!! possible candidates are:
  
- gnome-base/gnome-2.8.0_pre1 (masked by: ~x86 keyword)
- lm-sensors/lm-sensors-2.8.7 (masked by: -sparc keyword)
- sys-libs/glibc-2.3.4.20040808 (masked by: -* keyword)
- dev-util/cvsd-1.0.2 (masked by: missing keyword)
- games-fps/unreal-tournament-451 (masked by: package.mask)
- sys-libs/glibc-2.3.2-r11 (masked by: profile)
- net-im/skype-2.1.0.81 (masked by: skype-eula license(s))

現在のシステムで利用可能でないパッケージをインストールしようとしたときに、このマスキングエラーが発生します。ユーザはシステムで利用可能な別のアプリケーションのインストールを試みるか、パッケージが利用可能としてマークされるまで待つべきです。パッケージがマスクされているのには必ず理由が存在します:

マスク理由 説明
~arch keyword アプリケーションは stable ブランチに入れるために十分なテストがなされていません。数日から数週間待ってからもう一度試してください。
-arch keyword or -* keyword アプリケーションはあなたのアーキテクチャ上で動作しません。パッケージは動作すると確信しているなら、私たちの Bugzilla のウェブサイトでバグを提出してください。
missing keyword アプリケーションはまだあなたのアーキテクチャ上でテストされていません。アーキテクチャ移植チームにパッケージのテストを依頼するか、彼らのためにテストして Bugzilla のウェブサイトで知見を報告してください。
package.mask パッケージが破損している、不安定、あるいはもっと悪い状態であると判明したため、意図的に「使用禁止」としてマークされています。
profile パッケージは現在のプロファイルに適していないことが判明しています。アプリケーションをインストールするとシステムが壊れるか、単に現在使用中のプロファイルと互換性がありません。
license パッケージのライセンスが ACCEPT_LICENSE の値に適合していません。/etc/portage/make.conf または /etc/portage/package.license で設定して、ライセンスまたは正しいライセンスグループを許可してください。

USEフラグの変更が必要

CODE USE フラグ変更要求についての Portage の警告
The following USE changes are necessary to proceed:
#required by app-text/happypackage-2.0, required by happypackage (argument)
>=app-text/feelings-1.0.0 test

--autounmask がセットされていないと、次のようなエラーメッセージも表示されるかもしれません:

CODE USE フラグ変更要求についての Portage のエラー
emerge: there are no ebuilds built with USE flags to satisfy "app-text/feelings[test]".
!!! One of the following packages is required to complete your request:
- app-text/feelings-1.0.0 (Change USE: +test)
(dependency required by "app-text/happypackage-2.0" [ebuild])
(dependency required by "happypackage" [argument])

このような警告やエラーは、インストールしようとしているパッケージが他のパッケージに単に依存しているだけでなく、そのパッケージが特定の USE フラグ(またはその集合)とともにビルドされていることも要求するときに発生します。上の例では、パッケージ app-text/feelings が USE="test" とともにビルドされていることを要求していますが、この USE フラグがシステム上でセットされていない状態です。

これを解決するには、要求された USE フラグを /etc/portage/make.conf 内でグローバル USE フラグに追加するか、/etc/portage/package.use 内で特定のパッケージに対してセットしてください。

依存パッケージが見つからない

CODE 依存パッケージの不在についての Portage の警告
emerge: there are no ebuilds to satisfy ">=sys-devel/gcc-3.4.2-r4".
  
!!! Problem with ebuild sys-devel/gcc-3.4.2-r2
!!! Possibly a DEPEND/*DEPEND problem.

インストールしようとしているアプリケーションは、システムで利用可能でない他のパッケージに依存しています。この問題が既知のものかどうか Bugzilla を確認し、もしそうでなければ報告してくれると助かります。システムが複数のブランチを混ぜる設定になっていなければ、この事態は発生すべきではなく、バグです。

あいまいなebuild名

CODE あいまいな ebuild 名についての Portage の警告
[ Results for search key : listen ]
[ Applications found : 2 ]
  
*  dev-tinyos/listen [ Masked ]
      Latest version available: 1.1.15
      Latest version installed: [ Not Installed ]
      Size of files: 10,032 kB
      Homepage:      http://www.tinyos.net/
      Description:   Raw listen for TinyOS
      License:       BSD
  
*  media-sound/listen [ Masked ]
      Latest version available: 0.6.3
      Latest version installed: [ Not Installed ]
      Size of files: 859 kB
      Homepage:      http://www.listen-project.org
      Description:   A Music player and management for GNOME
      License:       GPL-2
  
!!! The short ebuild name "listen" is ambiguous. Please specify
!!! one of the above fully-qualified ebuild names instead.

インストールすることが選択されたアプリケーションの名前が複数のパッケージに対応しています。これを解決するには、カテゴリ名も付け加えてください。Portage は何から選べばいいか、マッチしたものを教えてくれるでしょう。

循環依存

CODE 循環依存についての Portage の警告
!!! Error: circular dependencies: 
  
ebuild / net-print/cups-1.1.15-r2 depends on ebuild / app-text/ghostscript-7.05.3-r1
ebuild / app-text/ghostscript-7.05.3-r1 depends on ebuild / net-print/cups-1.1.15-r2

インストールする 2 個(またはそれ以上)のパッケージがお互いに依存しているため、インストールできません。これはほとんどの場合 Gentoo リポジトリ内のパッケージのどれかにバグがある状態です。時間をおいて再 sync してからもう一度試してください。Bugzilla をチェックしてこの問題が既知のものであるか確認し、そうでなければ報告することも有益でしょう。

フェッチ失敗

CODE フェッチ失敗についての Portage の警告
!!! Fetch failed for sys-libs/ncurses-5.4-r5, continuing...
(...)
!!! Some fetch errors were encountered.  Please see above for details.

Portage が与えられたアプリケーションのソースをダウンロードできなかったため、他のアプリケーションのインストール(するものがあれば)を続行しようとしています。この失敗は、正しく同期されていないミラーのために、あるいは ebuild が正しくないダウンロード先を指しているために起こることがあります。ソースを置いているサーバが何らかの理由でダウンしていることも考えられます。

1 時間ほど時間をおいて再試行し、問題が継続しているか確認してください。

システムプロファイルによる保護

CODE プロファイルによって保護されているパッケージについての Portage の警告
!!! Trying to unmerge package(s) in system profile. 'sys-apps/portage'
!!! This could be damaging to your system.

ユーザがシステムのコアパッケージの一部をなすパッケージを削除しようとしました。パッケージはプロファイルによって必須として記載されているため、システムから削除するべきではありません。

ダイジェスト検証失敗

CODE ダイジェスト検証失敗
>>> checking ebuild checksums
!!! Digest verification failed:

これは Gentoo リポジトリに何かおかしなことが起きていることを示しています - 多くの場合は Gentoo ebuild リポジトリに ebuild をコミットするときのミスによるものです。

ダイジェスト検証に失敗しても、自分でパッケージのダイジェストを再計算しようとしないでください。ebuild foo manifest を実行しても問題の解決にはならないどころか、より状況を悪化させるでしょう。

かわりに、リポジトリが大人しくなるまで 1、2 時間ほど待ってください。このエラーはすぐに気づかれるでしょうが、修正が rsync ミラーたちに浸透していくには少々時間がかかることがあります。Bugzilla をチェックしてすでに誰かが問題を報告しているか確認するか、#gentoo (IRC) で聞いてください。まだであれば、遠慮なく壊れた ebuild のためにバグを提出してください。

バグが修正されたら、Gentoo ebuild リポジトリを再同期して修正されたダイジェストを引っ張ってきてください。

Important
Gentoo ebuild リポジトリを一日一回以上同期しないように気をつけてください。公式の Gentoo ネチケットポリシーに書かれている通り(また emerge --sync を実行したときにも表示される通り)、あまりにも頻繁に同期するユーザは当面の間、それ以上の同期を禁止されます。このポリシーにも繰り返し違反する悪用者は完全にアクセスを禁止されることがあります。再同期が Gentoo の rsync ミラーに過剰な負荷を与えないようにするために、どうしても必要な場合を除いて 24 時間周期で同期されるのを待つのが最善です。




Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎русский • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어
SPARC ハンドブック
インストール
インストールについて
メディアの選択
ネットワーク設定
ディスクの準備
stage3のインストール
Gentooベースシステムのインストール
カーネルの設定
システムの設定
ツールのインストール
ブートローダの設定
締めくくり
Gentooの操作
Portageについて
USEフラグ
Portageの機能
Initスクリプトシステム
環境変数
Portageの操作
ファイルとディレクトリ
変数
ソフトウェアブランチの併用
追加ツール
カスタムPortageツリー
高度な機能
ネットワーク設定
はじめに
高度な設定
モジュール式ネットワーク
無線
機能の追加
動的な管理


USE フラグとは何ですか

USE フラグの 背景にある発想

Gentooをインストールするとき(あるいは他のディストリビューションや、この際もっと言えば他のOSでもかまいませんが)、ユーザーは自らが扱う環境に応じて選択を行います。サーバー向けのセットアップは、ワークステーション向けのセットアップとは異なります。ゲーミングワークステーションと、3Dレンダリングワークステーションは違います。

これはどのパッケージを選んでインストールするかということのみならず、あるパッケージがどのような機能をサポートするべきかについても言えることです。もしOpenGLが必要とされていないのなら、なぜわざわざOpenGLをインストールして管理し、ほとんどのパッケージでOpenGLサポートをビルドする必要があるでしょう? もしKDEを使いたくないなら、KDEなしで完璧に動作するパッケージを、どうしてわざわざKDEサポートつきでコンパイルする必要があるでしょうか?

ユーザーが何をインストール/有効化し、何をしないのか決定するのを助けるため、Gentooはユーザーに、環境を簡単なやり方で指定するよう求めます。これにより、ユーザーは自分が何を本当に欲しているのかを決定できるようになり、Portageが有益な判断をするためのプロセスが簡単になります。

USE フラグの定義

USEフラグを入力しましょう。このフラグは、あるコンセプトに対するサポートと依存の情報を表すキーワードです。あるUSEフラグが定義されると、Portageは選択されたキーワードに関するサポートが必要とされているのを知ることになります。当然、これによってパッケージへの依存の情報も変更されます。

具体例を見てみましょう: kde キーワード。もしこのキーワードが USE 変数に含まれていないならば、オプションでKDEをサポートしているすべてのパッケージは、KDEサポートなしでコンパイルされます。オプションでKDEに依存しているすべてのパッケージは、KDEのライブラリを(依存先として)インストールせずにインストールされます。もし kde キーワードが定義されているならば、これらのパッケージはKDEサポートありでコンパイルされ、KDEのライブラリも依存先としてインストールされることになります。

的確にキーワードを定義することで、システムはユーザーの具体的な必要に合わせて仕立てられることになります。

どんなUSEフラグが存在するのか

USE フラグには2種類あります。グローバル USE フラグと、ローカル USE フラグです。

  • グローバル USEフラグは、いくつかのパッケージに、システムワイドに使われるものです。ほとんどの人にとって、USEフラグといえばこれを指します。利用できるグローバルUSEフラグの一覧は、メインサイト あるいはローカルの /var/db/repos/gentoo/profiles/use.desc ファイルにあります。
  • ローカル USEフラグは、単一のパッケージに、パッケージ固有の選択のために使われるものです。利用できるローカルUSEフラグの一覧は、メインサイト あるいはローカルの /var/db/repos/gentoo/profiles/use.local.desc ファイルにあります。

USE フラグを使う

永続的なUSEフラグの宣言

前述の通り、すべてのUSEフラグは USE 変数の中で宣言されます。ユーザーがUSEフラグを探しやすく、また選びやすくするために、デフォルトのUSE設定が既に提供されています。この設定は、Gentooユーザーに一般的に用いられるだろうと考えられるUSEフラグを集めたものです。このデフォルト設定は、選択されたプロファイルの一部である make.defaults ファイルで宣言されています。

システムが従うプロファイルは、 /etc/portage/make.profile symlinkが指し示す先にあります。それぞれのプロファイルは他のプロファイルの上で働くため、結果は全てのプロファイルの合計ということになります。トップのプロファイルはbaseプロファイルです(/var/db/repos/gentoo/profiles/base)。

現在アクティブなUSEフラグを全て見るのには、emerge --infoを使います:

root #emerge --info | grep ^USE
USE="a52 aac acpi alsa branding cairo cdr dbus dts ..."

見ての通り、この変数には既にかなり多くのキーワードが含まれています。しかし、make.defaultsのいかなるファイルも、個人的な必要に合わせて USE 変数を仕立てるために変更してはいけません。これらのファイルへの変更は、Gentooリポジトリを更新すると元通りになってしまいます!

このデフォルト設定を変更するには、USE 変数のキーワードを追加または削除してください。/etc/portage/make.confの中の USE 変数定義によって、この変更をグローバルに行うことができます。この変数には必要になった追加のUSEフラグを増やすことも、もはや不要になったUSEフラグを取り去ることもできます。後者は、キーワードの先頭にマイナス記号(-)をつけることで行います。

例えば、KDEとQtのサポートを削除し、LDAPのサポートを追加したいのなら、次のUSEを /etc/portage/make.confで定義できます:

FILE /etc/portage/make.confmake.conf 内の USE フラグを更新する
USE="-kde -qt4 -qt5 ldap"

個別のパッケージに対して USE フラグを指定する

時に、あるUSEフラグを1つの(もしくは2つの)アプリケーションで有効にしたいが、システムワイドにはしたくないということがあるでしょう。これを行うためには、/etc/portage/package.useを編集してください。package.use は一般的に単一のファイルですが、ファイルを含むディレクトリであることもできます。この記法を使う方法についての詳細は下の Tip や man 5 portageを見てください。次の例では、package.useが単一のファイルだと仮定しています。

たとえば、VLC media player パッケージでのみ Blu-ray をサポートするには:

FILE /etc/portage/package.useVLC の Blu-ray サポートを有効にする
media-video/vlc bluray
Tip
package.use が(単一のファイルではなく)ディレクトリとして既に存在している場合、単に package.use/ ディレクトリの下にファイルを作成することでパッケージのローカル USE フラグを変更できます。どのようなファイル命名法でも動作はしますが、一貫した命名スキームを採用するのが賢明でしょう。命名法の一例として、単にパッケージ名をファイル名として使うというものがあります。たとえば、media-video/vlc のみについて bluray USE フラグをセットするには以下のようにできます:

root #echo "media-video/vlc bluray" >> /etc/portage/package.use/vlc

同様に、あるアプリケーションでのみ明示的にUSEフラグを無効にすることもできます。たとえば、PHPでbzip2サポートを無効にする(が、他の全てのパッケージでは make.conf のUSEフラグ設定を通じて有効にする)には:

FILE /etc/portage/package.usePHP の bzip2 サポートを無効にする
dev-lang/php -bzip2

USEフラグの一時的な宣言

時に、短い一時の間だけUSEフラグをセットすることが必要になるでしょう。/etc/portage/make.confを二度(USEの変更を行い、また無かったことにするために)編集するかわりに、単に USE 変数を環境変数として宣言しましょう。この設定はこの際入力したコマンドに対してのみ適用されるということは、ゆめゆめ忘れないでください。このアプリケーションを次にemergeすると(これは明示的にそうすることもあれば、システムアップデートの一部として行われることもあるでしょう)、この(一時的な)USEフラグの定義を通じて引き起こされた変更は失われることになります。

次の例では、Seamonkeyのインストールの間、USE変数から一時的に pulseaudio を取り除きます:

root #USE="-pulseaudio" emerge www-client/seamonkey

優先順位

当然、どの設定がUSE設定に関して優先されるかには、れっきとした優先順位があります。USE設定の優先順位は、優先度順に(優先度が低いものから)並べると、次のようになっています:

  1. あなたのプロファイルの一部の make.defaults ファイルで宣言されたデフォルトのUSE設定
  2. /etc/portage/make.conf でのユーザー定義のUSE設定
  3. /etc/portage/package.use でのユーザー定義のUSE設定
  4. 環境変数としてのユーザー定義のUSE設定

Portageから見た最終的なUSE設定を見るには、emerge --info を実行してください。これによって、関係のある全ての変数(USE変数を含む)が、Portageが知っている現在の定義とともにリストされます。

root #emerge --info

システム全体を新たなUSEフラグに適合させる

USEフラグに変更を加えたあと、必要な変更を反映させるために、システムをアップデートする必要があります。そのためには、emerge--newuse オプションを与えてください:

root #emerge --update --deep --newuse @world

次に、Portageのdepcleanを実行し、"古い"システムでemergeされていたけれども、新しいUSEフラグでは不要になった条件付きの依存パッケージを削除しましょう。

警告
emerge --depclean の実行は危険な操作であり、注意して行われるべきです。提供される"不要になった"パッケージの一覧をダブルチェックし、必要なパッケージが削除されないことを確認してください。次の例では、-p スイッチを追加することで、depcleanがパッケージの一覧表示のみを行い、削除を行わないようにしています:
root #emerge -p --depclean

depcleanが完了したらemerge は、削除されたかもしれないパッケージが提供していた共有オブジェクトに対して動的リンクされていたアプリケーションをリビルドするよう促すかもしれません。Portageはアプリケーションを破壊するのを防ぐため、このアクションが取られるまで必要なライブラリを保存します。Portageはリビルドが必要なものをpreserved-rebuildセットに登録します。必要なパッケージをリビルドするためには、次のコマンドを実行してください:

root #emerge @preserved-rebuild

これらの全てを完遂したとき、システムは新たなUSEフラグ設定を用いることになります。

パッケージ固有の USE フラグ

利用可能な USE フラグを表示する

それでは、seamonkeyの例を見てみましょう: これはどんなUSEフラグに影響されるのでしょう? 確かめるために、emerge--pretend--verbose オプションつきで使います:

root #emerge --pretend --verbose www-client/seamonkey
These are the packages that would be merged, in order:
 
Calculating dependencies... done!
[ebuild  N     ] www-client/seamonkey-2.48_beta1::gentoo  USE="calendar chatzilla crypt dbus gmp-autoupdate ipc jemalloc pulseaudio roaming skia startup-notification -custom-cflags -custom-optimization -debug -gtk3 -jack -minimal (-neon) (-selinux) (-system-cairo) -system-harfbuzz -system-icu -system-jpeg -system-libevent -system-libvpx -system-sqlite {-test} -wifi" L10N="-ca -cs -de -en-GB -es-AR -es-ES -fi -fr -gl -hu -it -ja -lt -nb -nl -pl -pt-PT -ru -sk -sv -tr -uk -zh-CN -zh-TW" 216,860 KiB
 
Total: 1 package (1 new), Size of downloads: 216,860 KiB

これができるツールは emerge だけではありません。実際、パッケージの情報に特化した equery というツールが、app-portage/gentoolkit パッケージに含まれています。

root #emerge --ask app-portage/gentoolkit

では、equeryuses引数つきで実行し、あるパッケージのUSEフラグを見てみましょう。例えば、gnumeric パッケージの場合:

user $equery --nocolor uses =gnumeric-1.12.31
[ Legend : U - final flag setting for installation]
[        : I - package is installed with flag     ]
[ Colors : set, unset                             ]
 * Found these USE flags for app-office/gnumeric-1.12.31:
 U I
 + + introspection            : Add support for GObject based introspection
 - - libgda                   : Enable database support through gnome-extra/libgda.
 - - perl                     : Enable perl plugin loader.
 + + python                   : Enable python plugin loader.
 + + python_targets_python2_7 : Build with Python 2.7

REQUIRED_USE 条件を満足させる

いくつかのebuildは、正常に動作するために、特定のUSEフラグの組み合わせを要求あるいは禁止します。これは、REQUIRED_USE 式に書かれた条件の組み合わせによって表現されます。この条件によって、全ての機能と依存関係が充足していることと、ビルドが成功し、期待通りに動作することが保証されます。これらの一つでも満たしていない場合には、emergeはあなたに警告を出し、問題の解決を求めます。

この REQUIRED_USE 式の例を、いくつか下に示します:

説明
REQUIRED_USE="foo? ( bar )" もし foo がセットされているなら、 bar もセットされている必要がある
REQUIRED_USE="foo? ( !bar )" もし foo がセットされているなら、 bar がセットされていてはならない
REQUIRED_USE="foo? ( || ( bar baz ) )" もし foo がセットされているなら、 barbaz の少なくともどちらかはセットされている必要がある
REQUIRED_USE="^^ ( foo bar baz )" foobarbaz のうちいずれかただ一つのみがセットされている必要がある
REQUIRED_USE="|| ( foo bar baz )" foobarbaz のうち少なくとも一つがセットされている必要がある
REQUIRED_USE="?? ( foo bar baz )" foobarbaz のうち二つ以上がセットされていてはならない



Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎русский • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어
SPARC ハンドブック
インストール
インストールについて
メディアの選択
ネットワーク設定
ディスクの準備
stage3のインストール
Gentooベースシステムのインストール
カーネルの設定
システムの設定
ツールのインストール
ブートローダの設定
締めくくり
Gentooの操作
Portageについて
USEフラグ
Portageの機能
Initスクリプトシステム
環境変数
Portageの操作
ファイルとディレクトリ
変数
ソフトウェアブランチの併用
追加ツール
カスタムPortageツリー
高度な機能
ネットワーク設定
はじめに
高度な設定
モジュール式ネットワーク
無線
機能の追加
動的な管理


Portage の機能

Portageは、Gentooでの体験を更により良くする追加の機能をいくつか備えています。これらの機能の多くは、パフォーマンス、信頼性、セキュリティなどを向上させる、あるソフトウェアツールに依存しています。

Portageのある特定の機能を有効あるいは無効にするには、/etc/portage/make.confを編集し、様々な、機能に関するキーワードをスペース区切りで格納するFEATURES変数に値を設定、あるいは値を更新してください。一部の場合では、その機能が依存する追加のツールもインストールする必要があります。

Portageがサポートするすべての機能がここに一覧として表示されているわけではありません。全体を概観するには、make.confのmanページを参照してください。

user $man make.conf

デフォルトでFEATURES変数に何が設定されているかを確認するには、emerge --infoを実行し、FEATURESの項を探すかgrepしてください。

user $emerge --info | grep ^FEATURES=

分散コンパイル

distcc を使う

distcc is a program to distribute compilations across several, not necessarily identical, machines on a network. The distcc client sends all necessary information to the available distcc servers (running distccd) so they can compile pieces of source code for the client. The net result is a faster compilation time.

distccに関する(そしてどのようにGentooで機能させるかについての)さらなる情報についてはDistccのページにあります。

distcc のインストール

Distcc ships with a graphical monitor to monitor tasks that the computer is sending away for compilation. This tool is automatically installed if USE=gnome or USE=gtk is set.

root #emerge --ask sys-devel/distcc

Portage の distcc サポートを有効にする

Add distcc to the FEATURES variable inside /etc/portage/make.conf. Next, edit the MAKEOPTS variable and increase the number of parallel build jobs that the system allows. A known guideline is to fill in -jN where N is the number of CPUs that run distccd (including the current host) plus one, but that is just a guideline.

それではdistcc-configを実行し、利用できるdistccのサーバを入力してください。単純な例として、利用可能なdistccのサーバが、192.168.1.102(現在のホスト)、192.168.1.103そして192.168.1.104(2つの"リモートの"ホスト)であるとします:

root #distcc-config --set-hosts "192.168.1.102 192.168.1.103 192.168.1.104"

distccdデーモンを実行するのも忘れないでください:

root #rc-update add distccd default
root #/etc/init.d/distccd start

中間生成物のキャッシュ

ccache とは

ccache is a fast compiler cache. Whenever an application is compiled, it will cache intermediate results so that, whenever the same program is recompiled, the compilation time is greatly reduced. The first time ccache is run, it will be much slower than a normal compilation. Subsequent recompiles however should be faster. ccache is only helpful if the same application will be recompiled many times (or upgrades of the same application are happening frequently); thus it's mostly only useful for software developers.

ccacheに関するさらなる情報については、ホームページを訪れてください。

警告
ccacheは様々なコンパイル時の問題を引き起こすことが知られています。ccacheは時々古いコードオブジェクトや壊れたファイルを保持していることがあり、これはパッケージのemerge失敗につながります。もしこれが起きた場合 ("File not recognized: File truncated" などのエラーがビルドログに現れます) は、バグ報告をする前に ccache を無効にして (/etc/portage/make.confFEATURES="-ccache" を書く) 再コンパイルしてみてください。

ccache のインストール

ccacheをインストールするには、次のコマンドを実行してください:

root #emerge --ask dev-util/ccache

Portage の ccache サポートを有効にする

/etc/portage/make.confを開き、ccacheFEATURES変数に追加してください。もしFEATURESが存在しなければ新たに定義してください。次に、CCACHE_SIZEと呼ばれる新しい変数を追加し、2Gと設定します:

FILE /etc/portage/make.confPortageのccacheサポートを有効にする
FEATURES="ccache"
CCACHE_SIZE="2G"

ccacheが機能しているか確認するには、ccacheの統計を出すようにしてください。Portageは異なったccacheのホームディレクトリを使用しているため、一時的にCCACHE_DIR変数に値を格納する必要があります:

root #CCACHE_DIR="/var/tmp/ccache" ccache -s

/var/tmp/ccache/はPortageのデフォルトのccacheホームディレクトリですが、/etc/portage/make.conf内でCCACHE_DIR変数を変更することで場所を変えることができます。

When running ccache standalone, it would use the default location of ${HOME}/.ccache/, which is why the CCACHE_DIR variable needs to be set when asking for the (Portage) ccache statistics.

ccache を Portage の外で使う

ccacheをPortage以外のコンパイルの時に使用するには、/usr/lib/ccache/bin/PATH変数のはじめ(/usr/binの前)に追加してください。これはユーザのホームディレクトリにある~/.bash_profileを編集することでできます。~/.bash_profileを使用することは、PATH変数を定義する方法の1つです。

FILE ~/.bash_profileccacheの場所を他のPATHの前に設定する
PATH="/usr/lib/ccache/bin:${PATH}"

バイナリパッケージ

ビルド済みパッケージを作る

Portage supports the installation of prebuilt packages. Even though Gentoo does not provide prebuilt packages by itself Portage can be made fully aware of prebuilt packages.

To create a prebuilt package use the quickpkg command if the package is already installed on the system, or emerge with the --buildpkg or --buildpkgonly options.

To have Portage create prebuilt packages of every single package that gets installed, add buildpkg to the FEATURES variable.

More extended support for creating prebuilt package sets can be obtained with catalyst. For more information on catalyst please read the Catalyst FAQ.

ビルド済みパッケージのインストール

Although Gentoo doesn't provide one, it is possible to create a central repository where prebuilt packages are stored. In order to use this repository, it is necessary to make Portage aware of it by having the PORTAGE_BINHOST variable point to it. For instance, if the prebuilt packages are on ftp://buildhost/gentoo:

FILE /etc/portage/make.confAdd PORTAGE_BINHOST location
PORTAGE_BINHOST="ftp://buildhost/gentoo"

To install a prebuilt package, add the --getbinpkg option to the emerge command alongside of the --usepkg option. The former tells emerge to download the prebuilt package from the previously defined server while the latter asks emerge to try to install the prebuilt package first before fetching the sources and compiling it.

例えば、gnumericをビルド済みパッケージを用いてインストールする場合:

root #emerge --usepkg --getbinpkg gnumeric

emergeのビルド済みパッケージのオプションに関するさらなる情報については、emergeのmanページで見ることができます:

user $man emerge

ビルド済みパッケージを配布する

If prebuilt packages are to be distributed to others, then make sure that this is permitted. Check the distribution terms of the upstream package for this. For example, for a package released under the GNU GPL, sources must be made available along with the binaries.

Ebuilds may define a bindist restriction in their RESTRICT variable if built binaries are not distributable. Sometimes this restriction is conditional on one or more USE flags.

By default, Portage will not mask any packages because of restrictions. This can be changed globally by setting the ACCEPT_RESTRICT variable in /etc/portage/make.conf. For example, to mask packages that have a bindist restriction, add the following line to make.conf:

FILE /etc/portage/make.confバイナリで配布可能なパッケージのみを受諾する
ACCEPT_RESTRICT="* -bindist"

It is also possible to override the ACCEPT_RESTRICT variable by passing the --accept-restrict option to the emerge command. For example, --accept-restrict=-bindist will temporarily mask packages with a bindist restriction.

Also consider setting the ACCEPT_LICENSE variable when distributing packages. See the Licenses section for this.

重要
パッケージのライセンスとそれぞれの国の法律に従うことは、あくまで各 "ユーザー" の責任です。ebuildに書かれたメタデータ変数 (RESTRICTLICENSE) はバイナリ配布の制限などの案内を提供しますが、Portageの出力やGentoo開発者による回答は法的な意味を持つものではなく、これをあてにするべきではありません。お住いの地域の法律に反しないよう、十分に注意してください。

ファイルのフェッチ

Userfetch

Portageがrootとして実行される時、FEATURES="userfetch" を設定しておくことで、パッケージソースを取得するときにroot権限を放棄するようになります。これはちょっとしたセキュリティの向上につながります。

もしuserfetchFEATURES内で設定されているならば、確実に/var/db/repos/gentoo内にあるすべてのファイルの所有者を、chownをroot特権で実行することで変更するようにしてください。

root #chown --recursive --verbose portage:portage /var/db/repos/gentoo

検証済みのGentooリポジトリスナップショット

Administrators can opt to update the local Gentoo ebuild repository with a cryptographically validated snapshot as released by the Gentoo infrastructure. This ensures that no rogue rsync mirror is adding unwanted code or packages to the repositories the system will be downloading.

Note
The following is an updated method for setting up and using the emerge-webrsync sync method using repos.conf.

The Gentoo release media OpenPGP keys are now available as a binary keyring. These can be installed via the app-crypt/gentoo-keys package:

root #emerge --ask app-crypt/gentoo-keys


FILE /etc/portage/make.confPortage の GPG サポートを有効にする
FEATURES="webrsync-gpg"
PORTAGE_GPG_DIR="/var/lib/gentoo/gkeys/keyrings/gentoo/release"
FILE /etc/portage/repos.conf/gentoo.confClear the sync-uri variable
[DEFAULT]
main-repo = gentoo
 
[gentoo]
# Disable synchronization by clearing the values or setting auto-sync = no
# Do not set value of the variables in this configuration file using quotes ('' or "")!
# For portage-2.2.18 use 'websync'
# For portage-2.2.19 and greater use 'webrsync' (websync was renamed to webrsync)
sync-type = webrsync
sync-uri = 
auto-sync = yes

app-crypt/gnupg をインストールすることを忘れないでください:

root #emerge --ask app-crypt/gnupg

Use gpg to verify that the keys in the keyring are the correct keys:

root #gpg --homedir /var/lib/gentoo/gkeys/keyrings/gentoo/release --with-fingerprint --list-keys --keyid-format 0xlong

Verify the fingerprints of the key(s) against those listed on the official Gentoo release engineering project page.

Important
If any of the keys installed from app-crypt/gentoo-keys should expire, run gkeys from app-crypt/gkeys to refresh them from the key server:
root #emerge --ask app-crypt/gkeys
root #gkeys refresh-key -C gentoo

Repeat the following command for each key you wish to trust. (Substitute the keyid '0x...' for the desired key you wish to trust.)

root #gpg --homedir /var/lib/gentoo/gkeys/keyrings/gentoo/release --edit-key 0xDB6B8C1F96D8BF6D trust

Should a GPG command-line menu appear, fully trust the key and quit the program by entering the following:

gpg>4
gpg>quit

The system is now set-up to sync using only OpenPGP/gpg verified snapshots.
Several command options are available to perform the sync.

注意
実際に必要になるのは次のコマンドのうち一つだけです。詳細は Portage の sync について書かれたWiki記事 をご覧ください。
root #emerge --sync
root #emaint sync -a
root #emaint sync --repo gentoo
root #emerge-webrsync

Verify distfiles

To re-verify the integrity and (potentially) re-download previously removed/corrupted distfiles for all currently installed packages, run:

root #emerge --ask --fetchonly --emptytree @world




Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎русский • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어
SPARC Handbook
Installation
About the installation
Choosing the media
Configuring the network
Preparing the disks
Installing stage3
Installing base system
Configuring the kernel
Configuring the system
Installing tools
Configuring the bootloader
Finalizing
Working with Gentoo
Portage introduction
USE flags
Portage features
Initscript system
Environment variables
Working with Portage
Files and directories
Variables
Mixing software branches
Additional tools
Custom package repository
Advanced features
Network configuration
Getting started
Advanced configuration
Modular networking
Wireless
Adding functionality
Dynamic management


Runlevels

Booting the system

When the system is booted, lots of text floats by. When paying close attention, one will notice this text is (usually) the same every time the system is rebooted. The sequence of all these actions is called the boot sequence and is (more or less) statically defined.

First, the boot loader will load the kernel image that is defined in the boot loader configuration. Then, the boot loader instructs the CPU to execute kernel. When the kernel is loaded and run, it initializes all kernel-specific structures and tasks and starts the init process.

This process then makes sure that all filesystems (defined in /etc/fstab) are mounted and ready to be used. Then it executes several scripts located in /etc/init.d/, which will start the services needed in order to have a successfully booted system.

Finally, when all scripts are executed, init activates the terminals (in most cases just the virtual consoles which are hidden beneath Alt+F1, Alt+F2, etc.) attaching a special process called agetty to it. This process will then make sure users are able to log on through these terminals by running login.

Initscripts

Now init doesn't just execute the scripts in /etc/init.d/ randomly. Even more, it doesn't run all scripts in /etc/init.d/, only the scripts it is told to execute. It decides which scripts to execute by looking into /etc/runlevels/.

First, init runs all scripts from /etc/init.d/ that have symbolic links inside /etc/runlevels/boot/. Usually, it will start the scripts in alphabetical order, but some scripts have dependency information in them, telling the system that another script must be run before they can be started.

When all /etc/runlevels/boot/ referenced scripts are executed, init continues with running the scripts that have a symbolic link to them in /etc/runlevels/default/. Again, it will use the alphabetical order to decide what script to run first, unless a script has dependency information in it, in which case the order is changed to provide a valid start-up sequence. The latter is also the reason why commands used during the installation of Gentoo Linux used default, as in rc-update add sshd default.

How init works

Of course init doesn't decide all that by itself. It needs a configuration file that specifies what actions need to be taken. This configuration file is /etc/inittab.

Remember the boot sequence that was just described - init's first action is to mount all file systems. This is defined in the following line from /etc/inittab:

FILE /etc/inittabInitialization command
si::sysinit:/sbin/openrc sysinit

This line tells init that it must run /sbin/openrc sysinit to initialize the system. The /sbin/openrc script takes care of the initialization, so one might say that init doesn't do much - it delegates the task of initializing the system to another process.

Second, init executed all scripts that had symbolic links in /etc/runlevels/boot/. This is defined in the following line:

FILE /etc/inittabBoot command invocation
rc::bootwait:/sbin/openrc boot

Again the openrc script performs the necessary tasks. Note that the option given to openrc (boot) is the same as the subdirectory of /etc/runlevels/ that is used.

Now init checks its configuration file to see what runlevel it should run. To decide this, it reads the following line from /etc/inittab:

FILE /etc/inittabDefault runlevel selection
id:3:initdefault:

In this case (which the majority of Gentoo users will use), the runlevel id is 3. Using this information, init checks what it must run to start runlevel 3:

FILE /etc/inittabRunlevel definitions
l0:0:wait:/sbin/openrc shutdown
l1:S1:wait:/sbin/openrc single
l2:2:wait:/sbin/openrc nonetwork
l3:3:wait:/sbin/openrc default
l4:4:wait:/sbin/openrc default
l5:5:wait:/sbin/openrc default
l6:6:wait:/sbin/openrc reboot

The line that defines level 3, again, uses the openrc script to start the services (now with argument default). Again note that the argument of openrc is the same as the subdirectory from /etc/runlevels/.

When openrc has finished, init decides what virtual consoles it should activate and what commands need to be run at each console:

FILE /etc/inittabTerminal definitions
c1:12345:respawn:/sbin/agetty 38400 tty1 linux
c2:12345:respawn:/sbin/agetty 38400 tty2 linux
c3:12345:respawn:/sbin/agetty 38400 tty3 linux
c4:12345:respawn:/sbin/agetty 38400 tty4 linux
c5:12345:respawn:/sbin/agetty 38400 tty5 linux
c6:12345:respawn:/sbin/agetty 38400 tty6 linux

Available runlevels

In a previous section, we saw that init uses a numbering scheme to decide what runlevel it should activate. A runlevel is a state in which the system is running and contains a collection of scripts (runlevel scripts or initscripts) that must be executed when entering or leaving a runlevel.

In Gentoo, there are seven runlevels defined: three internal runlevels, and four user-defined runlevels. The internal runlevels are called sysinit, shutdown and reboot and do exactly what their names imply: initialize the system, powering off the system, and rebooting the system.

The user-defined runlevels are those with an accompanying /etc/runlevels/ subdirectory: boot, default, nonetwork and single. The boot runlevel starts all system-necessary services which all other runlevels use. The remaining three runlevels differ in what services they start: default is used for day-to-day operations, nonetwork is used in case no network connectivity is required, and single is used when the system needs to be fixed.

Working with initscripts

The scripts that the openrc process starts are called init scripts. Each script in /etc/init.d/ can be executed with the arguments start, stop, restart, zap, status, ineed, iuse, iwant, needsme, usesme, or wantsme.

To start, stop, or restart a service (and all depending services), the start, stop, and restart arguments should be used:

root #/etc/init.d/postfix start
Note
Only the services that need the given service are stopped or restarted. The other depending services (those that use the service but don't need it) are left untouched.

To stop a service, but not the services that depend on it, use the --nodeps option together with the stop argument:

root #/etc/init.d/postfix --nodeps stop

To see what status a service has (started, stopped, ...) use the status argument:

root #/etc/init.d/postfix status

If the status information shows that the service is running, but in reality it is not, then reset the status information to "stopped" with the zap argument:

root #/etc/init.d/postfix zap

To also ask what dependencies the service has, use iwant, iuse or ineed. With ineed it is possible to see the services that are really necessary for the correct functioning of the service. iwant or iuse, on the other hand, shows the services that can be used by the service, but are not necessary for the correct functioning.

root #/etc/init.d/postfix ineed

Similarly, it is possible to ask what services require the service (needsme) or can use it (usesme or wantsme):

root #/etc/init.d/postfix needsme

Updating runlevels

rc-update

Gentoo's init system uses a dependency-tree to decide what service needs to be started first. As this is a tedious task that we wouldn't want our users to have to do manually, we have created tools that ease the administration of the runlevels and init scripts.

With rc-update it is possible to add and remove init scripts to a runlevel. The rc-update tool will then automatically ask the depscan.sh script to rebuild the dependency tree.

Adding and removing services

In earlier instructions, init scripts have already been added to the "default" runlevel. What "default" means has been explained earlier in this document. Next to the runlevel, the rc-update script requires a second argument that defines the action: add, del, or show.

To add or remove an init script, just give rc-update the add or del argument, followed by the init script and the runlevel. For instance:

root #rc-update del postfix default

The rc-update -v show command will show all the available init scripts and list at which runlevels they will execute:

root #rc-update -v show

It is also possible to run rc-update show (without -v) to just view enabled init scripts and their runlevels.

Configuring services

Why additional configuration is needed

Init scripts can be quite complex. It is therefore not really desirable to have the users edit the init script directly, as it would make it more error-prone. It is however important to be able to configure such a service. For instance, users might want to give more options to the service itself.

A second reason to have this configuration outside the init script is to be able to update the init scripts without the fear that the user's configuration changes will be undone.

conf.d directory

Gentoo provides an easy way to configure such a service: every init script that can be configured has a file in /etc/conf.d/. For instance, the apache2 initscript (called /etc/init.d/apache2) has a configuration file called /etc/conf.d/apache2, which can contain the options to give to the Apache 2 server when it is started:

FILE /etc/conf.d/apache2Example options for apache2 init script
APACHE2_OPTS="-D PHP5"

Such a configuration file contains only variables (just like /etc/portage/make.conf does), making it very easy to configure services. It also allows us to provide more information about the variables (as comments).

Writing initscripts

Is it necessary?

No, writing an init script is usually not necessary as Gentoo provides ready-to-use init scripts for all provided services. However, some users might have installed a service without using Portage, in which case they will most likely have to create an init script.

Do not use the init script provided by the service if it isn't explicitly written for Gentoo: Gentoo's init scripts are not compatible with the init scripts used by other distributions! That is, unless the other distribution is using OpenRC!

Layout

The basic layout of an init script is shown below.

CODE Example initscript layout (traditional)
#!/sbin/openrc-run
  
depend() {
#  (Dependency information)
}
  
start() {
#  (Commands necessary to start the service)
}
  
stop() {
#  (Commands necessary to stop the service)
}
CODE Example initscript layout (updated)
#!/sbin/openrc-run
command=/usr/bin/foo
command_args="${foo_args} --bar"
pidfile=/var/run/foo.pid
name="FooBar Daemon"
 
description="FooBar is a daemon that drinks"
extra_started_commands="drink"
description_drink="Opens mouth and reflexively swallows"
 
depend() {
#  (Dependency information)
}
 
start_pre() {
#  (Commands necessary to prepare to start the service)
    # Ensure that our dirs are correct
    checkpath --directory --owner foo:foo --mode 0775 \
        /var/run/foo /var/cache/foo
}
  
stop_post() {
#  (Commands necessary to clean up after the service)
    # Clean any spills
    rm -rf /var/cache/foo/*
}
 
drink() {
    ebegin "Starting to drink"
    ${command} --drink beer
    eend $? "Failed to drink any beer :("
}

Every init script requires the start() function or command variable to be defined. All other sections are optional.

Dependencies

There are three dependency-alike settings that can be defined which influence the start-up or sequencing of init scripts: want, use and need. Next to these, there are also two order-influencing methods called before and after. These last two are no dependencies per se - they do not make the original init script fail if the selected one isn't scheduled to start (or fails to start).

  • The use settings informs the init system that this script uses functionality offered by the selected script, but does not directly depend on it. A good example would be use logger or use dns. If those services are available, they will be put in good use, but if the system does not have a logger or DNS server the services will still work. If the services exist, then they are started before the script that uses them.
  • The want setting is similar to use with one exception. use only considers services which were added to an init level. want will try to start any available service even if not added to an init level.
  • The need setting is a hard dependency. It means that the script that is needing another script will not start before the other script is launched successfully. Also, if that other script is restarted, then this one will be restarted as well.
  • When using before, then the given script is launched before the selected one if the selected one is part of the init level. So an init script xdm that defines before alsasound will start before the alsasound script, but only if alsasound is scheduled to start as well in the same init level. If alsasound is not scheduled to start too, then this particular setting has no effect and xdm will be started when the init system deems it most appropriate.
  • Similarly, after informs the init system that the given script should be launched after the selected one if the selected one is part of the init level. If not, then the setting has no effect and the script will be launched by the init system when it deems it most appropriate.

It should be clear from the above that need is the only "true" dependency setting as it affects if the script will be started or not. All the others are merely pointers towards the init system to clarify in which order scripts can be (or should be) launched.

Now, look at many of Gentoo's available init scripts and notice that some have dependencies on things that are no init scripts. These "things" we call virtuals.

A virtual dependency is a dependency that a service provides, but that is not provided solely by that service. An init script can depend on a system logger, but there are many system loggers available (metalogd, syslog-ng, sysklogd, ...). As the script cannot need every single one of them (no sensible system has all these system loggers installed and running) we made sure that all these services provide a virtual dependency.

For instance, take a look at the postfix dependency information:

FILE /etc/init.d/postfixDependency information of the postfix service
depend() {
  need net
  use logger dns
  provide mta
}

As can be seen, the postfix service:

  • Requires the (virtual) net dependency (which is provided by, for instance, /etc/init.d/net.eth0).
  • Uses the (virtual) logger dependency (which is provided by, for instance, /etc/init.d/syslog-ng).
  • Uses the (virtual) dns dependency (which is provided by, for instance, /etc/init.d/named).
  • Provides the (virtual) mta dependency (which is common for all mail servers).

Controlling the order

As described in the previous section, it is possible to tell the init system what order it should use for starting (or stopping) scripts. This ordering is handled both through the dependency settings use and need, but also through the order settings before and after. As we have described these earlier already, let's take a look at the portmap service as an example of such init script.

FILE /etc/init.d/portmapDependency information of the portmap service
depend() {
  need net
  before inetd
  before xinetd
}

It is possible to use the "*" glob to catch all services in the same runlevel, although this isn't advisable.

CODE Using the * glob
depend() {
  before *
}

If the service must write to local disks, it should need localmount. If it places anything in /var/run/ such as a pidfile, then it should start after bootmisc:

CODE Dependency setting with needing localmount and after bootmisc
depend() {
  need localmount
  after bootmisc
}

Standard functions

Next to the depend() functionality, it is also necessary to define the start() function. This one contains all the commands necessary to initialize the service. It is advisable to use the ebegin and eend functions to inform the user about what is happening:

CODE Example start() function
start() {
  if [ "${RC_CMD}" = "restart" ];
  then
    # Do something in case a restart requires more than stop, start
  fi
  
  ebegin "Starting my_service"
  start-stop-daemon --start --exec /path/to/my_service \
    --pidfile /path/to/my_pidfile
  eend $?
}

Both --exec and --pidfile should be used in start and stop functions. If the service does not create a pidfile, then use --make-pidfile if possible, though it is recommended to test this to be sure. Otherwise, don't use pidfiles. It is also possible to add --quiet to the start-stop-daemon options, but this is not recommended unless the service is extremely verbose. Using --quiet may hinder debugging if the service fails to start.

Another notable setting used in the above example is to check the contents of the RC_CMD variable. Unlike the previous init script system, the newer OpenRC system does not support script-specific restart functionality. Instead, the script needs to check the contents of the RC_CMD variable to see if a function (be it start() or stop()) is called as part of a restart or not.

Note
Make sure that --exec actually calls a service and not just a shell script that launches services and exits - that's what the init script is supposed to do.

For more examples of the start() function, please read the source code of the available init scripts in the /etc/init.d/ directory.

Another function that can (but does not have to) be defined is stop(). The init system is intelligent enough to fill in this function by itself if start-stop-daemon is used.

CODE Example stop() function
stop() {
  ebegin "Stopping my_service"
  start-stop-daemon --stop --exec /path/to/my_service \
    --pidfile /path/to/my_pidfile
  eend $?
}

If the service runs some other script (for example, Bash, Python, or Perl), and this script later changes names (for example, foo.py to foo), then it is necessary to add --name to start-stop-daemon. This must specify the name that the script will be changed to. In this example, a service starts foo.py, which changes names to foo:

CODE Example definition for a service that starts the foo script
start() {
  ebegin "Starting my_script"
  start-stop-daemon --start --exec /path/to/my_script \
    --pidfile /path/to/my_pidfile --name foo
  eend $?
}

start-stop-daemon has an excellent man page available if more information is needed:

user $man start-stop-daemon

Gentoo's init script syntax is based on the POSIX Shell so people are free to use sh-compatible constructs inside their init scripts. Keep other constructs, like bash-specific ones, out of the init scripts to ensure that the scripts remain functional regardless of the change Gentoo might do on its init system.

Adding custom options

If the initscript needs to support more options than the ones we have already encountered, then add the option to one of the following variables, and create a function with the same name as the option. For instance, to support an option called restartdelay:

  • extra_commands - Command is available with the service in any state
  • extra_started_commands - Command is available when the service is started
  • extra_stopped_commands - Command is available when the service is stopped


CODE Example definition of restartdelay method
extra_started_commands="restartdelay"
  
restartdelay() {
  stop
  sleep 3    # Wait 3 seconds before starting again
  start
}
Important
The restart() function cannot be overridden in OpenRC!

Service configuration variables

In order to support configuration files in /etc/conf.d/, no specifics need to be implemented: when the init script is executed, the following files are automatically sourced (i.e. the variables are available to use):

  • /etc/conf.d/YOUR_INIT_SCRIPT
  • /etc/conf.d/basic
  • /etc/rc.conf

Also, if the init script provides a virtual dependency (such as net), the file associated with that dependency (such as /etc/conf.d/net) will be sourced too.

Changing runlevel behavior

Who might benefit

Many laptop users know the situation: at home they need to start net.eth0, but they don't want to start net.eth0 while on the road (as there is no network available). With Gentoo the runlevel behaviour can be altered at will.

For instance, a second "default" runlevel can be created which can be booted that has other init scripts assigned to it. At boottime, the user can then select what default runlevel to use.

Using softlevel

First of all, create the runlevel directory for the second "default" runlevel. As an example we create the offline runlevel:

root #mkdir /etc/runlevels/offline

Add the necessary init scripts to the newly created runlevel. For instance, to have an exact copy of the current default runlevel but without net.eth0:

root #cd /etc/runlevels/default
root #for service in *; do rc-update add $service offline; done
root #rc-update del net.eth0 offline
root #rc-update show offline
(Partial sample Output)
               acpid | offline
          domainname | offline
               local | offline
            net.eth0 |

Even though net.eth0 has been removed from the offline runlevel, udev might want to attempt to start any devices it detects and launch the appropriate services, a functionality that is called hotplugging. By default, Gentoo does not enable hotplugging.

To enable hotplugging, but only for a selected set of scripts, use the rc_hotplug variable in /etc/rc.conf:

FILE /etc/rc.confEnable hotplugging of the WLAN interface
rc_hotplug="net.wlan !net.*"
Note
For more information on device initiated services, please see the comments inside /etc/rc.conf.

Edit the bootloader configuration and add a new entry for the offline runlevel. In that entry, add softlevel=offline as a boot parameter.

Using bootlevel

Using bootlevel is completely analogous to softlevel. The only difference here is that a second "boot" runlevel is defined instead of a second "default" runlevel.




Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎español • ‎français • ‎polski • ‎русский • ‎українська • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語 • ‎한국어
SPARC ハンドブック
インストール
インストールについて
メディアの選択
ネットワーク設定
ディスクの準備
stage3のインストール
Gentooベースシステムのインストール
カーネルの設定
システムの設定
ツールのインストール
ブートローダの設定
締めくくり
Gentooの操作
Portageについて
USEフラグ
Portageの機能
Initスクリプトシステム
環境変数
Portageの操作
ファイルとディレクトリ
変数
ソフトウェアブランチの併用
追加ツール
カスタムPortageツリー
高度な機能
ネットワーク設定
はじめに
高度な設定
モジュール式ネットワーク
無線
機能の追加
動的な管理


環境変数

はじめに

環境変数とは、1つまたは複数のアプリケーションで使われる情報を格納する名前付きオブジェクトです。環境変数を使用することで1つまたは複数のアプリケーションの設定を簡単に変更できます。

重要な例

以下の表は Linux システムで使われる数多くの変数を列挙し、使用方法の説明を加えたものです。値の例は表の後にあります。

変数 説明
PATH この変数は、システムが実行可能ファイルを探索するディレクトリーのコロン区切りのリストを含みます。ある実行可能ファイルの名前 (lsrc-update、あるいは emerge など) が入力されても、この実行可能ファイルがリストに含まれるディレクトリー内にない場合には (/bin/ls のようにフルパスがコマンドとして入力されない限り) システムはそれを実行しません。
ROOTPATH この変数は PATH と同様の機能を持っていますが、こちらは root ユーザーがコマンドを入力した時にチェックされるディレクトリーのみが列挙されています。
LDPATH この変数は動的リンカがライブラリを探すときに検索するディレクトリーのコロン区切りのリストを含みます。
MANPATH この変数は man コマンドが man ページを検索するディレクトリーのコロン区切りのリストを含みます。
INFODIR この変数は info コマンドが info ページを検索するディレクトリーのコロン区切りのリストを含みます。
PAGER この変数は (lessmore のような) ファイル内容を表示するのに使用されるプログラムへのパスを含みます。
EDITOR この変数は (nanovi のような) ファイル内容を変更するのに使用されるプログラムへのパスを含みます。
KDEDIRS この変数は KDE 特有の素材を含むディレクトリーのコロン区切りのリストを含みます。
CONFIG_PROTECT この変数はアップデートの間 Portage によってプロテクトされるディレクトリーのスペース区切りのリストを含みます。
CONFIG_PROTECT_MASK この変数はアップデートの間 Portage によってプロテクトされるべきでないディレクトリーのスペース区切りのリストを含みます。

以下はこれらの変数すべての定義例です:

CODE ここで触れた変数の設定例
PATH="/bin:/usr/bin:/usr/local/bin:/opt/bin:/usr/games/bin"
ROOTPATH="/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin"
LDPATH="/lib:/usr/lib:/usr/local/lib:/usr/lib/gcc-lib/i686-pc-linux-gnu/3.2.3"
MANPATH="/usr/share/man:/usr/local/share/man"
INFODIR="/usr/share/info:/usr/local/share/info"
PAGER="/usr/bin/less"
EDITOR="/usr/bin/vim"
KDEDIRS="/usr"
CONFIG_PROTECT="/usr/X11R6/lib/X11/xkb /opt/tomcat/conf \
                /usr/kde/3.1/share/config /usr/share/texmf/tex/generic/config/ \
                /usr/share/texmf/tex/platex/config/ /usr/share/config"
CONFIG_PROTECT_MASK="/etc/gconf"

変数を全体に設定する

env.d ディレクトリー

これらの変数の定義を集約するため、Gentoo では /etc/env.d/ ディレクトリーが導入されています。このディレクトリーの中には 00basic05gcc といった数多くのファイルがあり、そこにはファイル名が表すアプリケーションで必要とされる変数が含まれています。

たとえば gcc がインストールされると、ebuild によって以下の変数の定義を含む 05gcc という名前のファイルが作成されます:

FILE /etc/env.d/05gccデフォルトの gcc が有効化された環境変数
PATH="/usr/i686-pc-linux-gnu/gcc-bin/3.2"
ROOTPATH="/usr/i686-pc-linux-gnu/gcc-bin/3.2"
MANPATH="/usr/share/gcc-data/i686-pc-linux-gnu/3.2/man"
INFOPATH="/usr/share/gcc-data/i686-pc-linux-gnu/3.2/info"
CC="gcc"
CXX="g++"
LDPATH="/usr/lib/gcc-lib/i686-pc-linux-gnu/3.2.3"

他のディストリビューションでは、ユーザーはこうした環境変数の定義を /etc/profile やその他の場所で変更または追加するよう指示されるでしょう。一方 Gentoo ではユーザー (と Portage) は環境変数を含む可能性がある多数のファイルに注意を払うことなく環境変数を維持管理できます。

たとえば gcc が更新された場合、/etc/env.d/05gcc ファイルもユーザーの関与を一切求めずに更新することができます。

これは Portage のみならずユーザーにとっても利益があります。ユーザーは時にある環境変数をシステム全体でセットするよう求められることがあるでしょう。一例として http_proxy 変数を取り上げてみましょう。ユーザーは /etc/profile をいじるのではなく、ファイルを一つ (/etc/env.d/99local のように) 作成してそこに定義を入れるだけで済みます:

FILE /etc/env.d/99localグローバル変数をセットする
http_proxy="proxy.server.com:8080"

自分で管理しているすべての変数について同じファイルを使うことで、ユーザーは自身が定義した変数を素早く見ることができます。

env-update

/etc/env.d/ 内のいくつかのファイルは PATH 変数を定義しています。これは間違いではありません: env-update コマンドは実行されると環境変数を更新する前にいくつかの定義を結合します。これによって、パッケージ(やユーザー)が自身の環境変数の設定をすでに存在する値と干渉しないように追加するのが簡単になります。

env-update スクリプトは値を /etc/env.d/ にあるファイルのアルファベット順で結合します。ファイル名は2桁の10進数で始めないといけません。

CODE env-update で使用される更新順序
00basic        99kde-env       99local
     +-------------+----------------+-------------+
PATH="/bin:/usr/bin:/usr/kde/3.2/bin:/usr/local/bin"

変数の結合は常に起こるわけではなく、以下の変数でのみ行われます: ADA_INCLUDE_PATHADA_OBJECTS_PATHCLASSPATHKDEDIRSPATHLDPATHMANPATHINFODIRINFOPATHROOTPATHCONFIG_PROTECTCONFIG_PROTECT_MASKPRELINK_PATHPRELINK_PATH_MASKPKG_CONFIG_PATH、そして PYTHONPATH。それ以外のすべての変数では (/etc/env.d/ のファイルのアルファベット順で) 最後に定義された値が使われます。

変数名を COLON_SEPARATED または SPACE_SEPARATED 変数のどちらかに(これまた /etc/env.d/ 内のファイルで)追加することで、この結合される変数のリストにさらなる変数を追加することができます。

env-update を実行すると、スクリプトはすべての環境変数を作成してそれを /etc/profile.env (これは /etc/profile によって使用されます) に格納します。また LDPATH 変数から情報を展開して /etc/ld.so.conf を作成します。その後スクリプトは ldconfig を実行して、動的リンカが使用する /etc/ld.so.cache を再作成します。

env-update の効果を実行後すぐに有効にするには、以下のコマンドを実行して環境を更新してください。Gentoo を自分自身でインストールしたユーザーは、おそらくインストールの説明でこれを見たことを思い出すかもしれませんね:

root #env-update && source /etc/profile
Note
上のコマンドは現在の端末、新しいコンソールおよびそれらの子孫での変数のみを更新します。したがって、ユーザーが X11 で作業している場合、新しく開いた端末すべてで source /etc/profile と打ち込むかあるいは X を再起動して、すべての新しい端末が新しい変数を読み込むようにする必要があります。ログインマネージャーを使用している場合は root になって /etc/init.d/xdm サービスを再起動する必要があります。
Important
シェル変数を他の変数の定義に使用することはできません。つまり、FOO="$BAR" ($BAR はもう一つの変数) といったことは禁止されているということです。

変数を局所的に設定する

ユーザーごと

環境変数を全体に設定する必要はないこともあります。たとえば、あるユーザーは /home/my_user/bin と作業ディレクトリー(ユーザーが今いるディレクトリー)を PATH 変数に追加したいが、それをシステム上の他のすべてのユーザーの PATH にも含めたいわけではない場合。環境変数を局所的に定義するには ~/.bashrc または ~/.bash_profile を使用します:

FILE ~/.bashrcPATH をローカルでの使用のために拡張する
# 後ろにディレクトリーが続かないコロンは現在の作業ディレクトリーとして扱われます
PATH="${PATH}:/home/my_user/bin:"

ログアウト/ログインすると PATH 変数が更新されます。

セッションごと

時には、さらに厳格な定義が求められる場合もあります。たとえば、作成した一時ディレクトリーにあるバイナリーをそれらへのパスを使ったり ~/.bashrc を一時的な必要性のために編集したりすることなく使用できるようにしたい場合です。

この場合、現在のプロファイルでの PATH 変数を単に export コマンドを使って定義します。ユーザーがログアウトするまでの間は PATH 変数にその一時的な設定が使われます。

root #export PATH="${PATH}:/home/my_user/tmp/usr/bin"




Warning: Display title "Gentoo Linux sparc ハンドブック:Gentoo での作業" overrides earlier display title "ハンドブック:SPARC/フル/ワーキング".