Bluetooth ヘッドセット

From Gentoo Wiki
Jump to:navigation Jump to:search
This page is a translated version of the page Bluetooth headset and the translation is 98% complete.
Other languages:
English • ‎தமிழ் • ‎日本語

この記事では Gentoo Linux 内での Bluetooth ヘッドセットの構成について記載しています。

前提条件

事前に BluetoothALSA の構成が完了している必要があります (構成だけで構いません、一部のデバイスは media-sound/pulseaudio-modules-bt または media-sound/bluez-alsa をセットアップしないと動作しない場合があります)。

加えて、native-headset ofono-headset USE フラグの一方または両方を設定していると便利かもしれません:

FILE /etc/portage/package.use/pulseaudio
media-sound/pulseaudio native-headset ofono-headset

構成設定

PulseAudio

Bluetooth ヘッドセットを動作させる (例えば pavucontrol を介して) には、PulseAudioBlueZ 5 から以下の操作を行うだけで十分なはずです。

マイク入力 (およびボタン入力) を処理するプロトコルは 2 つあります: HSP と HFP です。マイクを動作させるには、ヘッドセットを A2DP プロトコルから HSP/HFP に切り換える必要があります。ヘッドセットでの HSP の利用は通常、現行の pulseaudio バージョンでは特段の設定の必要なく動作するでしょう。

pulseaudio 13.0 は HFP に適切に対応していません。これには現在対処中です。運が良ければ、このマージリクエスト 288 を使ったソースから最新の開発バージョンと、それに付随する hsphfpd をビルドできるかもしれません。

ALSA + Bluez 5

Bluez と ALSA の間の連携に bluez-alsa を使うこともできます。この構成は完全に Pulseaudio なしで使用することもでき、また Pulseaudio 上の ALSA デバイスとしてヘッドセットを使用することもできます (この場合は、これらの 2 つが競合しないように bluetooth サポートを無効化してください)。

  • bluez-alsa を インストールしてください:
root #emerge --ask media-sound/bluez-alsa
  • /etc/asound.conf (システム全体) または ~/.asoundrc (ユーザレベル) の ALSA 構成ファイル内で、Bluetooth 接続のパラメータを指定してください (MAC アドレスの部分は、利用したいデバイスの MAC アドレスに置き換えてください)
FILE /etc/asound.conf または ~/.asoundrc
# Bluetooth headset
defaults.bluealsa {
     interface "hci0"            # host Bluetooth adapter
     device "10:4F:A8:00:11:22"  # Bluetooth headset MAC address
     profile "a2dp"
}

静的に ALSA を構成することも可能です、下の aplay の例にあるデバイス名を変更していることを確認してください。

FILE /etc/asound.conf または ~/.asoundrc
# Bluetooth headset
pcm.btheadset {
        type plug
        slave.pcm {
                type bluealsa
                device "10:4F:A8:00:11:22"
                profile "a2dp"
        }
        hint {
                show on
                description "Your description of Bluetooth Headset"
        }
}
  • bluetoothbluealsa サービスが開始していることを確認してください。おそらく、rc-config を使ってこれらをデフォルトランレベルに追加すると良いでしょう。
  • コンピュータにデバイスがペアリングおよび接続されていることを確認してください。詳細は Bluetooth をお読みください。
  • aplay 等に PCM デバイス 'bluealsa' を渡してテストしてください。
user $aplay -D bluealsa some_file.wav
  • その他のアプリケーションについては、出力デバイスを設定するための正確なオプションは異なるかもしれません。
Note
ALSA 構成ファイル /etc/asound.conf および ~/.asoundrc への変更はアプリケーション開始時に自動で反映されます、alsasound サービスを再起動する必要はありません。
  • ハードウェア音量調節:
user $alsamixer -D bluealsa

テスト

  • 音声ファイルを再生してください。
user $mplayer -ao alsa:device=bluealsa filename

mpv を使う場合は:

user $mpv --audio-device=alsa/bluealsa filename

もし動作した場合は、デバイスを動作しているデバイスの表に追加してくれると助かります。

動作しているデバイス

Note
The capabilities of the device are dependent on the Bluetooth controller being used.
Device Headphone Microphone BlueZ Version Notes
AfterShokz TREKZ Titanium Yes Not tested 5.50-r2
AKG N700NC Yes Not tested 5.52 Update headset firmware to latest version 0.2.7.
Beats By Dre PowerBeats3 Yes Not tested 5.55 Apply module loading to /etc/pulse/default.pa and system.pa with latest version of Bluez as device and module will not load otherwise. Supports a2dp. Media key presses work for volume, double press next, single press pause, triple click previous.
Bose SoundSport Free (423729) Yes Not tested 5.55
Bose SoundSport Free (774373-0010) Yes Not tested 5.48-r1
Bose QC Earbuds Yes Not tested 5.55
Bose QC II Headset Yes Not tested 5.61
the BTunes 3 Yes Not tested 5.54
Cellular Innovations HFBLU-ST6 Yes No ?
Creative BT-W2 USB Bluetooth Dongle Yes Not tested 5.52 Tested on desktop PC without built-in Bluetooth. Very straightforward setup. Requires kernel USB audio enabled. Volume and Play/Pause work. Pair with any Bluetooth headphones. Compile alsa-plugins with speex libsamplerate and ffmpeg USE flags to provide options for better sampling.
Dell BH200 Yes Not tested ?
Google Pixel Buds Yes Yes 5.49-r1
Huawei FreeBuds Yes Not tested 5.49-r1
Jabra MOVE v2.3.0 Yes Yes 5.39 If supported, AAC codec is selected, otherwise SBC
JBL E40BT Yes Not tested 5.47
JBL JBL Endurance SPRINT Yes Not tested 5.55
JBL GO+ Yes Not tested 5.50-r2
JBL T450BT Yes Not tested 5.43
JBL Live 500BT Yes No 5.54
Justboom AMP Hat Yes Not tested 5.61
LG HBS730 Yes No ?
Lenovo HX106 Yes Yes 5.61 media-sound/bluez-alsa-3.1.0 is necessary
Marshall Major II Yes Not tested 5.51
Marshall MID Yes Not tested 5.51
Marshall Stockwell Yes Not tested BlueZ 5.54 Blutooth Speaker tested successfully. Microphone not applicable
Nokia BH-214 Yes No 4.101 & 5.39
Nokia BH-604 Yes Yes ?
Parrot Zik Yes Not tested ?
Philips SBH6201 Yes Yes ?
Philips SBH9100 Yes Not tested ?
Pioneer SE-MS9BN-G Yes Yes 5.50-r1 Microphone tested successfully with BlueZ 5.50-r1 and HSP/HFP profile. Volume and play-pause buttons recognized as Multimedia events in Xfce (XF86AudioNext - XF86AudioPrev - XF86AudioPlay). No special bluetooth configuration is required. You should only make sure that pulseaudio is built with native-headset useflag, and that pulseaudio spawns correctly from your X session.
Plantronics BackBeat GO Yes Not tested ?
Plantronics BackBeat PRO 2 Yes Yes 5.52 The microphone works with HSP/HFP. Pulseaudio have to be built with native-headset useflag to have the microphone working. Buttons work when "User level driver support" is added in the kernel.
Prestigio PBHS1 Yes Not tested ?
Sennheiser HD 4.40 BT Yes Not tested 5.50-r2
Sennheiser MM 550-X Travel Yes Yes 5.27 Microfone tested successfully in 2011 with BlueZ 4.x/HSF. With bluez 5.58-r1 switch of audio profile from A2DP to HSP/HFP does not work. Hence microphone does not work.
Sennheiser PXC 550 Yes Not tested 5.50-r1 Confirmed working with older versions, but not sure how far back. Tested with bluez-alsa (currently 1.3.1), not Pulse Audio. Media controls not tested.
Sennheiser URBANITE XL Wireless Yes Not tested 5.46 Volume swipes are working
Shure RMCE-BT2 Yes Not tested 5.52 Volume buttons adjust volume locally, not on host device. Microphone not detected. Tested with Pulseaudio, not with bluez-alsa.
Sony DR-BTN200 Yes No 5.39 All buttons except "Call" work and can be assigned shortcuts in the DE
Sony MDR-1000X Yes No 5.50-r3 Volume swipes are working, prev/next swipes don't work.
Sony MDR-ZX750BN Yes No ? The change track and volume buttons work.
Sony MDR-ZX770BT Yes Not tested 4.101 & 5.25 4.101 requires Enable=Socket in /etc/bluetooth/audio.conf
Sony SBH20 Yes Not tested ?
Sony SBH52 Yes Yes ? The buttons work and can be assigned actions in KDE. Supported rate 4800.
Sony WH-CH700N Yes Not tested 5.50-r3 Volume control works. BlueZ 5: blue-alsa
Sony WH-1000XM2 Yes Yes 5.56-r1 The touch interface (volume) on the right speaker works.
Sony WH-1000XM3 Yes Yes 5.55:0/3 The touch interface on the right speaker works. Strange echo of external sounds in headset mode (possibly feature not error). With bluez 5.58-r1 switch of audio profile from A2DP to HSP/HFP does not work. Hence microphone does not work.
Sony Ericsson HBH-DS200 Yes Not tested 4.101 & 5.43 BlueZ 4: software volume control via .asoundrc. BlueZ 5: BlueALSA
Sony Ericsson HBH-DS970 Yes Not tested ? Requires Enable=Socket in /etc/bluetooth/audio.conf.
Soundcore Spirit Bluetooth Headphones Yes Not tested 5.50-r2
Teufel MUTE BT Yes Yes 5.47
Apple AirPods Pro Yes No 5.54 Recording looks like it could work in ALSA, when profile is set to "sco". Recording does not work under normal PulseAudio use.
Apple AirPods (1st generation) Yes No 5.54 Recording is probably same as AirPods Pro.
Xiaomi Redmi AirDots Yes No 5.54 There might be a way to make the microphone work, if you mess with pulseaudio and manage to get HSP/HFP to work, but I couldn't do it.
CaseGuru CGpods 5.0 Yes Not tested 5.54
Soundcore Life Q30 Yes Yes 5.55 Playback via Pulseaudio worked with A2DP out of the box, attempts to get the microphone work via HSP/HFP were unsuccessful with both native-headset and ofono/phonesim mess. I was able to get it working with bluez-alsa and then added the device to Pulseaudio as described on bluez-alsa wiki.

トラブルシューティング

入力デバイスを開けない

デバイスが動作せず、ログが以下のエラーを出している場合は、uinput カーネルモジュールをコンパイルしてロードしてください:

CODE
bluetoothd: Can't open input device: No such file or directory (2)
bluetoothd: AVRCP: failed to init uinput for 00:16:44:FD:6B:A0
bluetoothd: Unable to select SEP
KERNEL
Device Drivers  --->
   Input device support  --->
      [*]   Miscellaneous devices  --->
         <M>   User level driver support

オーディオサービスを利用できない

net-wireless/bluez-5.xx にアップグレードした後、Bluetooth ヘッドセットは接続されているものの、ALSA / PulseAudio が接続されたデバイスを見つけるのに失敗することがあるかもしれません。

PulseAudio の出力の中に、このようなエラーメッセージが見られるかもしれません:

CODE
I: [pulseaudio] module-card-restore.c: Restoring profile for card bluez_card.00_16_94_0B_6F_DE.
I: [pulseaudio] card.c: Created 10 "bluez_card.00_16_94_0B_6F_DE"
bt_audio_service_open: connect() failed: Connection refused (111)
W: [pulseaudio] module-bluetooth-device.c: Bluetooth audio service not available
W: [pulseaudio] module-bluetooth-device.c: Service not connected
I: [pulseaudio] card.c: Freed 10 "bluez_card.00_16_94_0B_6F_DE"
E: [pulseaudio] module.c: Failed to load module "module-bluetooth-device" (argument: "address="00:16:94:0B:6F:DE" path="/org/bluez/31716/hci0/dev_00_16_94_0B_6F_DE""): initialization failed.

これを修正するには、以下のことを実行する必要があります:

  1. bluetoothd のオーディオソケットを有効化する
FILE /etc/bluetooth/audio.conf
[General]
Enable=Socket
  1. 以下のいずれかの方法で、bluetoothd を再起動する
    • ソフトウェア無線キルスイッチをオフにして、再度オンにする
root #rfkill block bluetooth
root #rfkill unblock bluetooth
    • ハードウェア無線キルスイッチをオフにして、再度オンにする
    • コンピュータを再起動する
  1. Bluetooth ヘッドセットを再接続する

GDM を使用しているときに、オーディオデバイスが利用できない

GDM を使用しているが GNOME にログインしていない場合 (代わりに i3 を使用している、など)、GDM がヘッドセットをブロックして、PulseAudio から利用できなくなることがあるかもしれません。この場合、ヘッドセットは接続されるものの、アプリケーションからヘッドセットを見つけることができないという結果になるでしょう。

回避策として、別のディスプレイマネージャ (LXDM など) に切り替えるか、GDM で PulseAudio の管理を無効化する[1]方法があります:

FILE /var/lib/gdm/.config/pulse/client.conf
autospawn = no
daemon-binary = /bin/true

上のファイルを作成したら、GDM がこれを読めるようにしてください:

root #chown gdm:gdm /var/lib/gdm/.config/pulse/client.conf

PulseAudio 音量調整でオーディオデバイスが利用できない (が、ALSA では動作する)

このフォーラムポストに従って、/etc/pulse/default.pa に (もしかすると /etc/pulse/system.pa にも) 以下を追加してください:

FILE /etc/pulse/default.pa
### Bluetooth ハードウェアのためのドライバモジュールを自動的にロードする
.ifexists module-bluez5-device.so
load-module module-bluez5-device
.endif

.ifexists module-bluez5-discover.so
load-module module-bluez5-discover
.endif

pulseaudiobluetooth USE フラグが有効化されていることを確認してください

参考

外部資料

参照

  1. Stanislav Naumuk. Bluetooth a2dp, Debian Wiki、2015 年 6 月 13日。2019 年 3 月 18 日閲覧。