Xrandr

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Xrandr and the translation is 84% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
Resources

RandR (Resize and Rotate)[1] X プロトコルの拡張とそのCLIツールであるxrandrは画面解像度や画面の回転、X下でのマルチディスプレイのスクリーンを管理するために使われています。

バージョン1.4ではマルチグラフィックボードがサポートされ、それ以降のバージョン(> 1.5)ではさらにUSB接続のモニターもサポートされます。(これはおそらくxorg-server 1.13 のDisplayLink[2]のサポートに統合されるでしょう。)

インストール

x11-apps/xrandrは次のコマンドでインストールすることができます。

root #emerge --ask x11-apps/xrandr
Note
このツールはたいていwindow managersとともにインストールされるはずです。なぜならこれはディスプレイを管理するために利用されているからです。

GUI ツール

xrandrを使うためのいくつかのGUIツールが存在します。これはGentooでサポートされているツールの一覧です。

設定

Xに関係したスクリプトを実行する一般的な方法はユーザーのホームディレクトリに存在する~/.xinitrcもしくは~/.xprofileといったファイルを使用することです。xrandrに関するコードをこれらのファイルに記述すれば、そのコードは毎回のXの開始時に自動的に実行され、設定は永続的になります。

使い方

xrandrはモニターのExtended Display Identification Data (EDID)を使用してその性能を確認します。欠陥のあるハードウェアは誤ったEDIDを報告してしまうので、そのような場合にはトライアンドエラーを繰り返しながらカスタムスクリプトを作成することで対処することができます。

Warning
NVIDIAAMDのバイナリなどのいくつかのグラフィックドライバーはxrandrをサポートしません。

スクリーンクエリ

xrandrを引数なしで実行することで、すべての利用可能なディスプレイ出力インターフェースの一覧と、現在の状態及び性能と共にすべてのディスプレイの一覧が表示されるでしょう。

user $xrandr
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1440 x 900, maximum 8192 x 8192
VGA-1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
LVDS-1 connected 1440x900+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 304mm x 190mm
   1440x900       60.1*+
   1024x768       60.0
   800x600        60.3
   640x480        59.9

xrandrクエリの結果には、すべての利用可能なインターフェースが<interface_name>-<index>とラベル付けされて含まれています。それぞれは接続状態とスクリーンのモードを表しています。接続されたデバイスの現在のモードは*で示され、推奨されたモードは+で示されます。

RandRの一般的なディスプレイインターフェースの命名規則:

スクリーンの操作

xrandr クエリで発見された出力インターフェースに対して、操作を行うことができます。以下はよく使われるタスクの例です:

  • 複数のデバイスが接続されている場合に主ディスプレイを設定する:
user $xrandr --output LVDS-1 --primary
  • Extend to an external display attached on a known interface (left-of, right-of, above, below, same-as):
user $xrandr --output DVI-1 --auto --left-of LVDS-1
  • ディスプレイを回転する (normal, left, right, inverted):
user $xrandr --output LVDS-1 --rotate left
  • Turn off the device:
user $xrandr --output LVDS-1 --off

スクリーンモード

A mode always consists of a resolution and a refresh-rate. With a xrandr query the hardware reports which modes are supported. It is possible to define own modes in case the hardware reports wrong information. To change the mode for an attached device:

user $xrandr --output LVDS-1 --mode 1024x768

It will use the highest refresh-rate in that mode, to also change the refresh-rate (in kHz):

user $xrandr --output LVDS-1 --mode 1024x768 --rate 75

The changes apply immediately and on the hardware listed above it might either produce an error or the screen goes blank, because 75kHz is not supported. This will last until the next session, using Ctrl+Alt+Backspace will terminate the session and restart X in case something goes wrong.

To add a 75Hz mode, the tool cvt (x11-base/xorg-server) can be used to get a proper modeline:

user $cvt 1024x768 refresh 75

Everything after Modeline needs to be appended to the following command:

user $xrandr --newmode "1024x768_75.00" 109.00 1280 1368 1496 1712 1024 1027 1034 1063 -hsync +vsync

Running the query again should list the newly added mode.

Note
Adding the mode manually does not make the display device work in the mode if it did not work before.

参考

外部の情報

参照