ハンドブック:HPPA/ブロック/カーネル

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Handbook:HPPA/Blocks/Kernel and the translation is 100% complete.


コンパイルおよびインストール

重要
64ビットカーネルをコンパイルする場合、まずkgcc64をemergeしてください。しかしながら、64ビットカーネルを実行させることはおすすめしません。システムが4GB以上のRAMを備えているか、サーバが必要とする場合(例えばA500)のみ64ビットカーネルを動作させてください。

カーネルのコンフィグレーションが完了し、コンパイルとインストールをする時がきました。コンフィグレーションを終了させ、コンパイル作業を開始しましょう:

root #make && make modules_install
注意
make -jX とすることで、ビルドを並行処理させることができます( X には、並行処理を許可するビルドプロセスの数を指定します。 /etc/portage/make.conf の説明中の、 MAKEOPTS 変数についてと同様です。

カーネルのコンパイルが終了したら、カーネルイメージを/boot/にコピーしてください。カーネルの選択に適した名前を使い、また名前を覚えておいてください。後にブートローダの設定で必要です。kernel-3.16.5-gentooを、インストールされたカーネルの名前とバージョンに置換するのを忘れないでください。

root #cp vmlinux /boot/kernel-3.16.5-gentoo