ハンドブック:HPPA/ブロック/ブートローダー

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Handbook:HPPA/Blocks/Bootloader and the translation is 100% complete.


PALO のインストール

PA-RISCプラットフォームでは、ブートローダはpaloと呼ばれます。まずこのブートローダをシステムに入れてください:

root #emerge --ask sys-boot/palo

設定ファイルは/etc/palo.confにあります。以下は設定のサンプルです:

FILE /etc/palo.conf単純なPALO設定例
--commandline=2/kernel-3.16.5-gentoo root=/dev/sda4
--recoverykernel=/vmlinux.old
--init-partitioned=/dev/sda

最初の行でpaloに、カーネルの場所と使用しなければならない起動パラメータを伝えています。文字列2/kernel-3.16.5-gentooは、/kernel-3.16.5-gentooと名付けられたカーネルが2番目のパーティション内にあることを意味しています。注意してほしいのが、カーネルへのパスはブートパーティションからの相対アドレスであり、ルートパーティションからの相対アドレスではありません。

2行目は、どのリカバリカーネルを使用するかを示しています。もしこれが最初のインストールで、リカバリカーネルが(まだ)存在しない場合、この行をコメントアウトしてください。3行目はpaloがどのディスクにあるのかを示しています

設定が終了したら、単にpaloコマンドを実行してください:

root #palo