ハンドブック:Alpha/ブロック/ブートローダー

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Handbook:Alpha/Blocks/Bootloader and the translation is 100% complete.


選択する

カーネルを設定、コンパイルし、必要なシステム設定ファイルを正しく完成させたので、システムが開始した時にカーネルを起動させるプログラムをインストールする時です。そのようなプログラムはブートローダと呼ばれます。

Linux/Alpha用にいくつかのブートローダが存在します。対応しているブートローダのうち、全てではなく、どれか1つを選んでください。aBootMILOについて文書化してあります。

デフォルト:aBootの使用

注意
abootはext2パーティションとext3パーティションのみに対応しています。

まずabootをシステムにインストールしてください

root #emerge --ask sys-boot/aboot

次のステップはブートディスクを起動可能にすることです。これはシステムの起動時にabootを開始させます。abootブートローダをディスクの先頭に書き込むことで、ブートディスクのブートテーブルを作成します。

root #swriteboot -f3 /dev/sda /boot/bootlx
root #abootconf /dev/sda 2
注意
もしこの章を通して使用されているパーティション設計とは異なる設計を使用している場合、必要に応じてコマンドを変更する必要があります。適切なマニュアルページ(man 8 swritebootman 8 abootconf)を読んでください。また、ルートファイルシステムにJFSファイルシステムを使用している場合、カーネルオプションにroを追加して、必ず最初は読み取り専用でマウントしてください。

abootはインストールしましたが、まだaboot用に設定ファイルを書く必要があります。abootはそれぞれの設定に一行のみを必要としますので、これで出来ます:

root #echo '0:2/boot/vmlinux.gz root=/dev/sda3' > /etc/aboot.conf

もしLinuxカーネルをビルド中に、起動するためにinitramfsもビルドしたのなら、initramfsファイルを参照し、initramfsに実際のルートデバイスの場所を伝えるために設定を変更する必要があります:

root #echo '0:2/boot/vmlinux.gz initrd=/boot/initramfs-genkernel-alpha-3.16.5-gentoo root=/dev/sda3' > /etc/aboot.conf

加えて、いくつかのSRM変数を設定することでGentooを自動で起動させることが可能です。これらの変数をLinuxから設定してみてください、ただ、SRMコンソール自体から行うほうが簡単かもしれません。

root #cd /proc/srm_environment/named_variables
root #echo -n 0 > boot_osflags
root #echo -n '' > boot_file
root #echo -n 'BOOT' > auto_action
root #echo -n 'dkc100' > bootdef_dev

もちろんdkc100をブートデバイスに置換してください。

将来再びSRMコンソールに入る場合(Gentooインストールを回復させる、変数を扱う、など)、Ctrl+Cを打ち、自動読み込み処理を中断してください。

シリアルコンソールを使用してインストールしている場合、aboot.confにシリアルコンソールの起動フラグを含めるのを忘れないでください。さらなる情報については/etc/aboot.conf.exampleを見てください。

abootを設定し、使用準備が完了したので、システムのリブートに続いてください。

代替案:MILOの使用

続ける前に、どのようにMILOを使用するか決定してください。この章では、MILO起動フロッピーを作成する事にします。ハードディスクのMS-DOSパーティションから起動している場合、コマンドを適切に変更してください。

MILOをインストールするためにemergeを使用します。

root #emerge --ask sys-boot/milo

MILOをインストールしたら、MILOイメージが/opt/milo/にあるはずです。以下のコマンドで、MILOを使うために起動フロッピーを作成します。正しいAlphaシステム用のイメージを使用することを忘れないでください。

root #fdformat /dev/fd0
root #mformat a:
root #mcopy /opt/milo/milo-2.4-18-gentoo-ruffian a:\milo
root #mcopy /opt/milo/linload.exe a:\linload.exe

もしAlphaシステムがRuffianの場合:

root #mcopy /opt/milo/ldmilo.exe a:\ldmilo.exe

最後にこれで終わらせます:

root #echo -ne '\125\252' | dd of=/dev/fd0 bs=1 seek=510 count=2

MILO起動フロッピーがGentoo Linuxを起動するための準備が出来ました。MILOを開始させるためにARCSファームウェアで環境変数を設定することが必要かもしれません。これはすべてMILO-HOWTOで、一般的なシステムでの例や、インタラクティブモード内で使用するコマンド例を含めて説明されています。

MILO-HOWTOを読まないのは悪い考えです。

それではシステムのリブートに続いてください。