ハンドブック:AMD64/ブロック/カーネル

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Handbook:AMD64/Blocks/Kernel and the translation is 100% complete.


アーキテクチャに即したカーネルコンフィグ

32ビットプログラムもサポートさせたいならば、IA32 エミュレーションを有効にすることを忘れないでください(CONFIG_IA32_EMULATION)。Gentoo は、デフォルト設定ではマルチライブラリシステム(32ビット・64ビット両方の演算)をインストールします。そのため、no-multilibプロファイルを選択しないかぎりは、IA32 エミュレーションを有効にしなければなりません。

KERNEL プロセッサの型式と機能を選択
Processor type and features  --->
   [ ] Machine Check / overheating reporting 
   [ ]   Intel MCE Features
   [ ]   AMD MCE Features
   Processor family (AMD-Opteron/Athlon64)  --->
     ( ) Opteron/Athlon64/Hammer/K8
     ( ) Intel P4 / older Netburst based Xeon
     ( ) Core 2/newer Xeon
     ( ) Intel Atom
     ( ) Generic-x86-64
Executable file formats / Emulations  --->
   [*] IA32 Emulation

ディスクパーティション作成時にGPT パーティションを使用した場合には、GPT パーティションラベルのサポートを有効にしましょう(CONFIG_PARTITION_ADVANCEDCONFIG_EFI_PARTITION):

KERNEL GPT サポートを有効
-*- Enable the block layer --->
   Partition Types --->
      [*] Advanced partition selection
      [*] EFI GUID Partition support

システムブートに UEFI を用いている場合には、Linux カーネルの EFI スタブサポートと EFI 変数を有効にしましょう(CONFIG_EFICONFIG_EFI_STUBCONFIG_EFI_MIXED、そして CONFIG_EFI_VARS):

KERNEL UEFI のサポートを有効にする
Processor type and features  --->
    [*] EFI runtime service support 
    [*]   EFI stub support
    [*]     EFI mixed-mode support
  
Firmware Drivers  --->
    EFI (Extensible Firmware Interface) Support --->
        <*> EFI Variable Support via sysfs

コンパイルおよびインストール

さあ、カーネルのコンフィグレーションが完了し、コンパイルとインストールをする時がきました。コンフィグレーションを終了させ、コンパイル作業を開始しましょう:

root #make && make modules_install
注意
make -jX とすることで、ビルドを並行処理させることができます( X には、並行処理を許可するビルドプロセスの数を整数で指定します。 /etc/portage/make.conf の説明中の、 MAKEOPTS 変数についてと同様です。

カーネルのコンパイルが完了したら、カーネルのイメージを /boot/ にコピーします。これは make install コマンドで行います。

root #make install

カーネルイメージとともに、System.map ファイルやカーネルコンフィグファイルも、 /boot/ にコピーされます。