fstab/ja

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Fstab and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語

Warning: Display title "fstab/ja" overrides earlier display title "Fstab".

Resources

fstabfile system table)ファイル(/etc/fstab)は、特にブート時において、どのようにそしてどこに主要なファイルシステムマウントされるかを設定するファイルです。

文法

/etc/fstabの各行には、一つのパーティション、ドライブあるいはネットワークシェアをマウントするための必要な設定が含まれています。各行はスペースあるいはタブ区切りで6つの列に分かれています。各列の内容は次の通りです:

  1. デバイスファイルUUIDやラベルあるいは他の、パーティションやデータ資源の場所を示す表示
  2. マウントポイント、すなわちデータがファイルシステムと結びつく場所
  3. ファイルシステムの種類
  4. オプション(ファイルシステムが起動時にマウントされるかどうかも含む)
  5. パーティションのアーカイブのスケジュール調整(app-arch/dumpが使用します)。0で無効、1で機能を有効にします。
  6. fsckが起動時に行うデバイス/パーティションのエラーチェックの順番を操作します。ルートデバイスは1にするべきです。他のパーティションは2(ルートのあとにチェックする)か0(パーティションに対してチェックを全くしない)にするべきです。

ルートデバイスの例:

FILE /etc/fstab
/dev/sda1   /   ext4   defaults   0   1

特殊文字はASCIIコードの8進拡張表記でエスケープできます。例えば、マウントポイントの名前にスペースやタブが含まている場合、それぞれ\040、\011でエスケープできます。

更に詳しい情報については、man 5 fstabを参照してください。

UUIDとlabel

一列目には、デバイスファイル名の代わりにUUIDを使用することができます。

FILE /etc/fstabルートパーティションにUUIDを用いる
UUID=339df6e7-91a8-4cf9-a43f-7f7b3db533c6   /   ext4   defaults   0   1

あるいは、ラベルを用いることができます:

FILE /etc/fstabルートパーティションにラベルを用いる
LABEL=Gentoo   /   ext4   defaults   0   1

UUIDやラベルを取得する方法の詳細については、このページを参照してください。

サービス

以下のOpenRCサービスはfstabを読み込んで、ファイルシステムをマウントあるいは操作します:

  • localmount- fstabに従ってディスクやスワップをマウントします
  • netmount - fstabに従ってネットワークシェアをマウントします
  • fsck - fstabに従ってファイルシステムをチェック、修復します
  • root - ルートファイルシステムを読み書き可能な状態でマウントします

これらのサービスは、もしファイルシステムが明示的に定義されなかった場合にfstabを補完します:

  • sysfs - /sysファイルシステムをマウントします
  • devfs - /dev中の、システムにとって重要なファイルシステムをマウントします

これらがブート時に有効になっていることを確認するには次のコマンドを実行します:

root #rc-update show

参考

外部資料