CPU_FLAGS_X86

From Gentoo Wiki
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page CPU FLAGS X86 and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎русский • ‎日本語

CPU_FLAGS_X86 はCPUの命令セットや他の特殊機能を含む USE_EXPAND 変数です。

x86/amd64のアーキテクチャの命令セットや特殊機能に対応する以前のUSEフラグは、CPU_FLAGS_X86と呼ばれるUSE_EXPAND変数に移動されています。

インストール

Emerge

root #emerge --ask app-portage/cpuid2cpuflags

設定

最適化

CPU特有の最適化を行うために、make.conf (と、場合によっては package.use)ファイルをアップデートしておく必要があります。例えば、次のようなUSEフラグが設定されている場合:

FILE /etc/portage/make.conf
USE="mmx mmxext sse sse2 sse3"

これらのフラグを新たに作られたCPU_FLAGS_X86変数にコピーする必要があります:

FILE /etc/portage/make.conf
CPU_FLAGS_X86="mmx mmxext sse sse2 sse3"
Note
同じCPU_FLAGS_X86変数はIntelとAMDのCPUに対して、x86amd64 アーキテクチャの両方で使用されます。

疑問に思うことがあった場合には、app-portage/gentoolkitequery usesのような一般的なツールを利用してフラグの説明を調べてください。

user $equery uses media-video/ffmpeg

ほとんどのフラグ名は /proc/cpuinfo での名前と一致します。注目すべき例外が sse3 で、これは /proc/cpuinfo では pni と呼ばれています(また、これを別物である ssse3 と混同しないでください。)。

適切なUSEフラグを設定する助けとして、/proc/cpuinfoから適切な値を生成するPythonスクリプトが提供されています。これはapp-portage/cpuid2cpuflagsパッケージに含まれます。

Saving deprecated USE flags

安全なマイグレーションを確保し、外部リポジトリとの互換性を維持するために、古い USE 設定は、1年、またはそれらを使用する対象パッケージがなくなるまでの間、保持しておくことをお勧めします。

使い方

呼び出し

バージョン1またはバージョン2:

user $cpuinfo2cpuflags-x86
CPU_FLAGS_X86="mmx mmxext sse sse2 sse3"

バージョン3もしくはそれ以上:

user $cpuid2cpuflags
CPU_FLAGS_X86: mmx mmxext sse sse2 sse3

グローバル環境に適用する例:

root #echo "*/* $(cpuid2cpuflags)" > /etc/portage/package.use/00cpu-flags

参照

外部資料